イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

新会社設立のお知らせ

本日、下記新会社を
法務局へ届け出ましたので、
この場を借りてご報告申し上げます。 

━─━─━─━─━─

◆新会社概要

社名:株式会社エンテック
本社所在地:千代田区神田神保町二丁目13番地 神保町MFビル702
設立日: 2016 年 9 月 1 日(予定)
資本金:500万円
代表取締役:池上真之 

━─━─━─━─━─

新会社では、
エンタメ企業やインフルエンサーが
顧客管理やマーケティングを
効果的・効率的に行っていくのに役立つ
システム開発を実施していく予定です。

スマートフォンをはじめとする
デジタル機器の急速な普及と進化により、
現代においては
エンタメとITの境目を超えた取組みが
ますます求められています。

サクラス株式会社では
日本を代表するエンタメ企業を
お客さまとして
最先端のITを利活用した提案・支援を
実施していますが、

そうした取組みの中で、
より多くの顧客企業さまに、
より大きな価値を提供するため、
独自技術の開発・進化が
必要となってまいりました。

株式会社エンテックでは、
エンタメ企業さまや
個人の才能の支援という
サクラス同様のミッションを、
より技術面に重きを置いて
果たしていく所存でございます。

今後とも、サクラス株式会社同様、
新会社「株式会社エンテック」に
対するご支援を賜りますよう、
お願い申し上げます。 
  

断捨離生活にオススメのサービス(交通)

「断捨離」生活、
家まで捨てるかどうかはさておき、
オススメです。

今回は、車を手放すかどうか、
迷ってる方向けに、
「断捨離」のお供に便利な
「移動手段」の紹介です。


1.UBER

言わずと知れた、
有名スタートアップ。

海外では便利なこのサービスも
日本では辛うじてハイヤーを
呼ぶことしかできません。

タクシーより高いですが
車を断捨離したあなたなら、
気にならない?はず。

よいところ:
社内で仕事がはかどる。
会社のお取引先さまの
お送りするのに便利。

わるいところ:
たまに、すごい高い。
迎車までの所要時間予測が
まるでアテにならないので、
急いでいる時は
使わないほうがいい。
都心でしか使えない。


2.カーシェアリングサービス

とにかく移動したい時の
オリックスやタイムズなどの大手と、

ドライブを楽しみたい時の
アースカーやAnycaなどと、
両方入っておくとよい。

雨の日に、
「ちょっとピーコックまで買い物」
みたいなときには便利。

アースカーの赤坂では
ボクスターがさくっと借りれるので、
交際相手の実家に行くときに便利。
※「わ」ナンバーだけど。

あとアースカーでは、
新宿のGTRもオススメ。
一度は乗りたいR35。

AnycaはDeNAが密かにやってる
カーシェアリングサービスで、
こちらはより「C2C」感が強い。

その名の通り、
いろんな車が借りられます。

「わ」ナンバーでお迎えに行く
のには抵抗がある方にも○。

私は今年、M6借りましたが
楽しかったです。


3.  レンタカー

断捨離生活も究めてくると、
部屋にほとんどモノがなくなるため、
引越しの際に、自分でやりたくなります。

そんな時にはレンタカーやさんで
Bongoを借りてくるのがオススメ。

私は今月三回借りました。
三回も借りたら
引越会社さんに頼めそうです。

あと、色んな外車に乗りたいけど
万が一の時のサポートが心配、

という方は、実は
オリックスレンタカーさんが
便利です。

割と珍しめの外車もあります。

※但し、車種が指定できず
割と謎なロジックで決まります。。

24時間店舗の多い
ニッポンレンタカーさんで
アルファード借りて、

グループでお台場まで
マイルドヤンキーするのも
オススメです。


4. 電動自転車

車移動よりもエコなのが、
もちろん自転車。

「電動」に乗ったことがない人?

・・なんて今更もういないかも
しれませんが、もしいたら、
絶対乗った方がいいです。

これまでの
「足漕ぎ」タイプの自転車とは、
別物です。

もはやバイクです。

※危ないから気をつけてね!

電動でもマウンテンバイク
っぽいものもあります。

私はAmazonで買いました。

「自転車なんて、健康的!」
と言われた後に
「え。これ電動なの・・?」
と、なぜか白い目で見られます。


5. ちよくる

千代田区には、
自転車のシェアリングサービス
があります。

※港区や横浜市にも
同様のサービスがあるようです。

シリコンバレーで使った時に
観光客には便利だなー
と思ったのですが、

日本でも使ってみて、
観光客でなくても
なかなか便利だとわかりました!

以前は登録がとんでもなく面倒
だったこの「ちよくる」も、
いつの間にか進化を遂げていて

だいぶ気軽に
利用できるようになってます!

これのいいトコロは、
「乗り捨て」ができるところ。

借りた場所に戻さなくても、
行き先のサイクルポートに
返却でOK。

これは便利です。

そのせいで置き場所が
かなり偏ってますが・・・。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

と、いうわけで、

今回は、
ダンシャリストに便利な
交通手段をご紹介しました!

機会があれば今後、
衣食住などで別の便利なものも
紹介していきますー!

 

家も捨てた「断捨離」生活でわかったこと

<これまでのあらすじ>

断捨離の本を読む(2013年)

→その年の暮れに、
引っ越しとともに実行に移す。

殆どの家具や家電、
身の回りのものを処分する。

→引越し後、さらにエスカレート。
愛車を手放す。

→ついに手放すものが
無くなった結果、
家を借りるのをやめる
(昨年6月頃?)

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. 

例によって
極端なことをしていましたが、

1年ほど続報を
書いてませんでした。

(家まで捨ててしまったので
報告することが無くなった、
ということもありますが)

結局、家は借りることになったので
このあたりで、振り返ります。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. 

<身につく考え方>

「入り」と「出」で言うと、

まず、
★「増やさない」

この極端な断捨離生活により、

余計なものをはじめから
買わなくなりました。

不要なものも、
片付けるよりも前に、
そもそも持ち込まない。

それから
★「代謝」を高める。

やむを得ず買ってしまっても、
代わりに何か捨てる。

息を吸ったら吐く、
食べたら運動する、
というように、

買ったら捨てる。

この「入り」と「出」の感覚は
いろんなことに応用できる
気がします。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

<わかったこと>

★「本当に必要なモノ」は、少ない。

スーツケース5つ分くらいの
荷物に収まります。

意外と無くなっても
困りません。

感覚としては、2週間の出張に
持っていくものですね。

それ以外は究極、
いらないと思われます。


★「豊かさ」は「本当に必要なモノ」以外のところにある

これは認めないといけない
のだと思います。

車にしても家具にしても、
なんとなく
「好きなモノ」に囲まれていると
幸せな気分になります。

文字で書くと当たり前のことですし、
断捨離しなくてもわかること
のようですが、

実際に捨ててみると、
感じ方が違いました。

うまく表現できないのですが、

「禁煙」してみたら
思った以上に自分が
タバコに依存していたと気づいた、
というような感覚です。

勿論、
「モノに豊かさを感じること」や
「幸福をものに依存すること」は
タバコほど悪いものかは
わかりません。

そこは考え方次第ですが、
今の私は、
「物的」な豊かさとある程度
距離を起きたいと思っています。

「豊かさ」という
謎の概念があることは認めつつ、
モノである必要はないのでは、
と。

経営資源で言っても
ヒト・モノ・カネ・情報
とあります。

最終的には
バランスだと思いますが、
今はモノ以外の要素を
追究していきたいです。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

当初考えていたより
国内でのお仕事が
増えてしまったこともあり、

私の断捨離生活の象徴だった
「家」は、
最近また借りてしまいました。

でも「断捨離」精神は
持ち続けていきたいと思います。

このブログでは、
おすすめのグッズやサービスを
紹介していきます。





初めての融資の話

色んな人にお世話になり、
売上が上がっていくのとともに、
会社の預金残高は、
なくなっていきました。 

はじめのうちは
自分の身体だけが資本なので
いいのですが、

だんだんそうもいかなくなり
周りの人の手を借りたり、
モノを仕入れて売ったり
するようになったのです。

すると、
先にお金を払って
後からお金が入ってきます。

在庫はないので
基本、損することはありません。
ただ、
お金は見かけ上、減っていきます。

SNSの広告などは
クレジットカード払いのため、
一枚、また一枚と
限度額に達して止まっていきます。

カード会社から
100万円以上の引き落としが
月に何度も来るので、

さすがに
資金繰りの表をつくることに
しました。

そして、気付きました。

「あれ・・?」

困った私は、
銀行さんに行くことにしました。 

「創業当初、
資金に困って銀行を訪れたら
涙を拭くための
ポケットティッシュを
2つくれた」

という、
起業家の大先輩の
エピソードも聞いてましたし、

銀行OBの弊社顧問は
「黒字の決算書が
3期分無いと門前払い」
と言ってました。

でも、
そういう「起業時の苦労」的な
エピソードも、
将来なんとか大陸に出た時には
必要だ、

と思った私は
銀行さんを「記念受験」
してみることにしたのでした。

せっかく、決算書も
つくってもらったことですし。 

「銀行 融資」でググッて、
口座のある銀行さまの支店さまに、
とりあえず、電話です。

電話してみたら、
会っていただけることに
なったので、行きました。

そしたら、
とっても丁寧に対応してもらえまして

なんというか、
「神対応」です。

コンサル時代に
どちらかと言うと銀行側の立場
だった私からすると
むしろ、

弊社ごときピンチケ新規に
神対応していたら、
儲からないのでは、

とも思いましたが、こちらは
会社存亡の危機なので、
いつか会社大きくして
いっぱい借金して?恩返しします!

と謝意を表明して
有難く融資をお受けできるよう、
各種書類を準備することになりました。

門前払い出なかったとしても
色々と審査がありますし、

審査が通っても
実際に入金されるまでは
わからない、と
最後まで勝手に緊張して過ごしましたが

なんとか無事に融資実行を迎えまして、

「資本の稼ぎ」が「労働の稼ぎ」を
上回るという、このピケティ時代に、

労働と交換に、なんとか
資本の力を手にすることができた

ということに対して、
感謝と充実感でいっぱいです。

本来であればそれをラップで
表現すべきところ、
略儀ながらブログを持ちまして
ご報告とさせていただきます。

毎月、ちょっとした家賃くらいの
利子が発生することにはなりますが、

養育費だと思って
頑張って払って行きたいと思います。

今後ともご指導のほど
宜しくお願い申し上げます。

<追伸>
最後に、もしかしたら誰かの役に
立つかもしれないことを書くとするならば、
ベンチャー企業が多い地域の支店さん
を選んだりすると良いかもしれません。

 

目標の進捗について

昨日の記事の通り、

特段、会社の売上目標は
立てていませんでしたが、

年初に個人の目標は3つ、
立てておりましたので、

そういえばと思いたち、
進捗をご報告します

2016年、今年の抱負!

(1)コンサルを事業化する 
 
▼放送局さんや出版社さんの個人的なお手伝いで始めた メディアさん向けのITコンサルですが、 環境激変の今だからこそ、できることが多くありそうです。 

▼社会的なインパクトもやりがいも大きいので、 顧問的な形にとどまらずもう少し組織的にご支援できるよう、 チームづくり含めて頑張ります。 

(2)資金調達して、新しいネットサービスをつくる 
▼たぶんUGC?たぶん動画?くらいしか決まってません 汗 
▼本当は去年のうちに始めるはずでしたが、他のことに夢中で遅れてます。。 言い訳したくないので、今年は絶対やります。 

(3)本を出す 
▼私のような若造にはまだ早いとは思いながら、 どうしても伝えたい事がありまして、本を出すことに挑戦します! 
▼まずは出版を許されるクオリティの原稿を書き上げるべく、年末年始もこのために引きこもっておりました・・・!

#その他
▼英語で授業をする →これは・・・来年かも・・・
▼筋肉をつける →やせたら筋肉も落ちたので 

(原文ママ) 

(1)は、今見ると
曖昧なことが書いてあります。

そのため、
昨日の記事で書いた
「ひと桁成長」に差し替える
こととします。

(「事業化」できていなければ
「ひと桁成長」するのは無理
だと思いますので。)

(2)は、
つい最近まで手付かずでしたが、
ついに動き始めました。
ちょこっとだけ。

進捗があればこちらで
また改めてご報告します。

(3)は、
様々な方々の多大なるご協力の下、
達成しました。



お陰様で、
本書の関連動画も、
30万再生を超えまして、
特にデジタルが好調です。


ということで、
まずまずでしょうか。

でも、今日は既に
8月18日ですからね。

中間だったら良いのですが、
とっくに折り返してます。

ということで、
1.5ヶ月ほどビハインドと思って、
まきでいきたいと思います!


・・もう8月なのか・・。
どうりで暑いと思いました。


5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ