イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

2013年05月

血液型で見るAKB48総選挙の変化【B型大勝利?】

血液型とAKBに強い関心
がある私が、

血液型で総選挙を見てみました!

※前も書いたかもしれませんが
血液型占いを信じ込んで
いるわけではありません。

ただ、誰かの内面を
もっと良く知るための楔として、
話のきっかけとして、

便利に使っているだけです。


で す が、


結構面白い傾向があります。

まず、去年の結果。
<去年の結果>
1位 大島優子 →B型
2位 渡辺麻友 →AB型
3位 柏木由紀 →B型
4位 指原莉乃 →O型
5位 篠田麻里子 →A型
6位 高橋みなみ →AB型
7位 小嶋陽菜 →O型
8位 板野友美 →A型
9位 松井珠理奈 →B型
10位 松井玲奈 →O型
11位 宮澤佐江 →O型
12位 河西智美 →A型
13位 北原里英 →A型
14位 峯岸みなみ →B型
15位 横山由依 →B型
16位 梅田彩佳 →A型

※敬称略 

去年は、選抜16人中、
A型が5人、B型が5人、O型が4人、AB型が2人

巷で言われる
4:3:2:1の出現率(ソースなし!)
と比べると、

AとOは期待値の8割、
Bは期待値の1.5倍強、
ABは1.25倍となっている。

この時点で、
B型がやたら多い。

大体、TOP3は
B、AB、Bという異様な顔ぶれ。

続いて、今年の速報。

<今年の速報>
1位 指原莉乃 →O型
2位 渡辺麻友 →AB型
3位 大島優子 →B型
4位 松井珠理奈 →B型
5位 柏木由紀 →B型
6位 松井玲奈 →O型
7位 島崎遥香 →A型
8位 柴田阿弥 →B型
9位 横山由依 →B型
10位 渡辺美優紀 →B型
11位 須田亜香里 →A型
12位 宮澤佐江 →O型
13位 山本彩 →B型
14位 板野友美 →A型
15位 篠田麻里子 →A型
16位 木﨑ゆりあ →O型

何と、B型は
さらに2議席伸ばして7人

となっている!

ちなみに、
A型は1減らして4人
O型は変わらず4人、
AB型は1減らして1人

ただ、前も述べた通り、
速報と最終結果では
だいぶ違いがあると思われるので、

以前出した
私の個人的な予想
についても、血液型別に見てみた。

去年の結果から
河西さんと北原さんと梅田さんを、
さやみるきーとぽんこつに
入れ替えるので、

A型がマイナス2、
B型がプラス2となる。

やっぱりB型の躍進
間違いない。

下手をすると16人の選抜中、
半数の8人がB型ということも
考えられる。

(ここから先は無理やりな解釈だが)

これは一体、
何を表しているのだろうか?

私には、

誰も未来を予期できない、
不確実性が高い
今の時代において、

外乱に強く頑強(ロバスト)に
独自の世界を築く
B型に支持が集まっている

のではないか。

あまりにすべてが
移ろいすぎて、
海底にしっかりイカリを下す
B型が道標となっている
のではないか。


そう買いかぶってもみたくなる。
(こういうところが、B型が
周りから敬遠される所以だろう
とは思いながら・・・)

一方で、近頃話題の
急上昇株、
指原さんや松村さんは、

ユーザを巻き込んで
這い上がってきている
新時代のアイドルだが、

彼女たちはO型で、
やっていることも
如何にもO型的である。

強力なリーダシップというよりも
協調性重視で民主的だ。

さっしーが1位を取ったり
かおたんが選抜入りしたりするような
波乱が来れば、

B型的リーダーシップから、
O型的リーダーシップへの
潮目として注目すべきだろう。


さやみるきーがB型コンビだったとは、知りませんでした。


【総括】ブログをやってみてわかった10コのこと

毎日更新をはじめてから
2ヶ月が経った。

そろそろ本当に
しんどく なってきたけれど、

それはそれで
この活動を通じて、

自己表現や創作活動のサポートを
生業とする者として、

色々な発見があったので
一度まとめておきたい。

1. 毎日更新は、とにかくしんどい


これは私自身も
言葉では分かっていたことなので、
この場で言葉でお伝えするのは難しい。

ストックをつくっての順次公開も
勿論やっているのだが、すぐ尽きる。

健やかなる時も病める時も
忙しきときも暇な時も、
重くのしかかる。

とにかく、実際にやってみないと
わからないこと
だった。

2. ある程度割り切ればスマホ完結で更新できる


色々と時間が限られる中で、
PCと向き合って毎日更新するのは
しんどい。

移動時間などの隙間時間に
スマホで更新できれば楽だ。

最初のうちは、
そもそもスマホで文字を打つこと
自体が苦痛だったが、

慣れてくるとそうでもない。

予測変換もあるので、
下書きくらいは
移動の合間でも
割と書けるようになった。

ギャラクシーでなくiPhoneを使い、
いったんEvernoteに記録している。

最終的には各種設定が
必要になるので
PCを使ったほうが良いのだが、

いったんスマホ上で
仕上げておくだけで
大分、負担が違う。

しかも、
効率が良いだけじゃなくて、

スマホで書いた文章は
スマホで読みやすい。


(このブログの場合、
3分の2はモバイル端末
からのアクセスだ)


3. そんな中でアクセス解析は励みになる


ライブドアブログの
アクセス解析機能が
充実しているのが嬉しかった。

どこからどんな人が
何を見に来てくれているのか?
がわかる。

特に、スマホアプリからも
簡単にチェック
できるのが良い。

最初の頃などは、
スマホからよく『生ログ』を
眺めていた。

さらに、
グーグルアナリティクスへの登録
簡単にできるようになっている。

これは色々機能がありすぎて煩雑だが
「リアルタイム」解析は楽しい。

更新して告知すると
人がやって来てくれていると分かる
というのは、リアル店舗の良さに近い。

それがネットで少しでも味わえるのは
嬉しい。

アクセス解析機能の充実により、
読者の反応が、書く者にとって
無上の喜びとなる
ことが実感できた。

4. 励みになりすぎて目的を見失う


でも、段々と実は数字の魔力に
魂を吸われる。

つまり、
『本当に書きたかったこと』
よりも、

『数字が伸びること』
を優先してしまう。

読んでもらうために書いているのか、
書きたいから書いているのか、
わからなくなってしまう。

これも他人がやることとしては
客観的によく感じることだったが、

自分で実際にやってみなければ
実感できないことだった。

私の場合は、

(たとえ読者ゼロでも自分のために)

読書などを通じて日々得られた
インプットのまとめとか、

死ぬまでにはやりたい
学校の構想とか、

自分の哲学・思想(もどき)の
ブラッシュアップとか、
そういうことがしたかったのだが、

気づいたら
時事ネタとか恋愛ネタを
たくさん書いていた。

そういうのを書いたことを
後悔しているわけではない。

ただ、書いた時に自分の中に
「こういうの書いたら
読んでもらえるかも」

下心があったことが恥ずかしいのだ。


5. アクセス解析には表れない意味がある


そこで勿論、
当初の目的に立ち返らなきゃ
と思う。

そして、実は
そのきっかけを与えてくれるのは
リアル(現実での出来事)

だったりすると知った。

リアルで会う方々、
親友などプライベートでの
大切な人たちとか、

社会的に活躍されていて
自分が尊敬している方々
とかから、

「この間のこの記事だけど・・・」
と話のネタにしてもらえたのだ。

(前も書いたけれど、)
「100アクセス」とあるのは、
単なる100人じゃあない。

自分にとって大切な人々
ひとりひとりが見てくれた結果だ。

そうした数字外の意味合いを
知ったことで、


数字のためじゃなく、
自分が書くべきことを書こう
改めて思うきっかけになった。

(皆さま有難うございます!)

 ★ ★ ★

・・・と、
半分書いたところで、
明日へつづきます (苦笑)



このブログへの過去1ヶ月のアクセス(日本のみを表示)
(グーグルアナリティクスより)

↑グーグルアナリティクスのこの地図の表示も
リアル感があって好きです。
青森県と鳥取県(と北方領土?)からの
アクセスをお待ちしています!




女『車のエンジンがかからないの…』

ひとり恋愛トークに
ひと区切りつけたところで、

世間一般によく言われる
男女の違いについて、
ちょこっとだけ。

2chなどで有名なコピペ(原典不明)に

女『車のエンジンがかからないの…』

というのがありまして。

詳しく見たい方は、全文はこちら。
(面倒だったらすっ飛ばしてください。)

女『車のエンジンがかからないの…』
男『あらら?バッテリーかな?ライトは点く?』
女『昨日まではちゃんと動いてたのに。なんでいきなり動かなくなっちゃうんだろう。』
男『トラブルって怖いよね。で、バッテリーかどうか知りたいんだけどライトは点く?』
女『今日は○○まで行かなきゃならないから車使えないと困るのに』
男『それは困ったね。どう?ライトは点く?』
女『前に乗ってた車はこんな事無かったのに。こんなのに買い替えなきゃよかった。』
男『…ライトは点く?点かない?』
女『○時に約束だからまだ時間あるけどこのままじゃ困る。』
男『そうだね。で、ライトはどうかな?点くかな?』
女『え?ごめんよく聞こえなかった』
男『あ、えーと、、ライトは点くかな?』
女『何で?』
男『あ、えーと、エンジン掛からないんだよね?バッテリーがあがってるかも知れないから』
女『何の?』
男『え?』
女『ん?』
男『車のバッテリーがあがってるかどうか知りたいから、ライト点けてみてくれないかな?』
女『別にいいけど。でもバッテリーあがってたらライト点かないよね?』
男『いや、だから。それを知りたいからライト点けてみて欲しいんだけど。』
女『もしかしてちょっと怒ってる?』
男『いや別に怒ってはないけど?』
女『怒ってるじゃん。何で怒ってるの?』
男『だから怒ってないです』
女『何か悪いこと言いました?言ってくれれば謝りますけど?』
男『大丈夫だから。怒ってないから。大丈夫、大丈夫だから』
女『何が大丈夫なの?』
男『バッテリーの話だったよね?』
女『車でしょ?』
男『ああそう車の話だった』
このブログをご覧になっている
イケメンリア充な皆さまは、

女性から『車の調子が悪い』
と言われたらどうすべきか
わかりますよね?


このような世間で言われている
男女差について、

科学的根拠な根拠があるのか
わかりませんし、
男女差よりも個人差の方が
ずっと大きいかもしれない。

でも、男女に関わらず、
世の中には
色んなコミュニケーションの
習慣、クセが存在するのは事実。

(コンピュータの
通信プロトコルのように)

相手の言葉を自分の言葉に
置き換えてみて、
その答えを相手の言葉で
伝えることができれば、

コミュニケーションが捗る。

そのために、
こういうケーススタディは、
ちょくちょく見つけては
頭の片隅に入れておきたい。



11/9追記
正解は「迎えに来て」だと言われております。


無駄なようで、実は無駄じゃないもの

前回に引き続き、
秋山清香(あきやま・きよか)さんの
インタビューをお届けします。

今回で完結!

 



『メイドさんには、なれないな』って思った


―さて、いよいよ
聞きたかったことを聞きます(笑)

次回は5/19、
つまり今週末の日曜日に、
秋葉原のメイド喫茶と
コラボするんだよね。


秋山清香(以下き):はい。

テレビなどでもお馴染みの
学園メイドカフェバー、
『ハートオブハーツ』 さん
とのコラボです! 
 

―今回のコンセプトを
教えて下さい。


き:まず、今回協力して下さった
『ハートオブハーツ』さんは、

メイドになるための『研修性』が
勉強をしている学園なんです。


―そういう設定ね。


き:設定じゃないです。
そうなんです。


―お約束のやり取り(笑)


き:で、私はその学園を
侵略しにきた宇宙人です。

お客さまには、私から
生徒(メイドさん)を守ったり、

生徒(メイドさん)と一緒に
戦ったりしてもらいます!


―面白そう!
てか、きよちゃんが
メイドになるんじゃないんだね。


き:メイドカフェさんにとって、
一番大事なものって、
メイドさんじゃないですか。


―そうだね。
人気の子が立て続けに
辞めちゃうと、実際に
お客さん減ったりするし。
(何を言ってるんだ、俺は)


き:だから今回、
私がメイドさんには
なれないなって思ったんです。



 ―・・・・・・!


き:だから私は、
宇宙人という、
全く別の種類のものに
なるんです。

本気でこないと、
生徒(メイドさん)をみんな
やっつけちゃいますからねー(笑)


―正直、ちょっと目から鱗。

今までの話を聞いていて、

実は、お店にとっては、
1日だけイベントをやられたって、

そんな、お店の日頃の
提供サービスと関係ないところで
お客さんを集めたところで、

そういうお客さんは定着しないから
お店にとっては
意味ないんじゃないか?


ってどこかで疑っていたんだ。


き:ひどいですね(笑)
そんなこと思ってたんですか?


―でも、違った。

今回の具体的な企画の中身
を聞いて分かった。

 [KIYO | CAFE]
 (以下、キヨカフェ)が
お店に運んでくる非日常の風は、

開催するお店の日常を
引き立てるためのものだね。


き:言ったじゃないですかっ。

非日常があるから
日常の良さも実感できるって。


―まさにその意味が分かった。

お店の競争力の源泉が
どこにあるかを見極めた上で、

キヨカフェが去った後に
そこに何かが残るように企画する。

メイド喫茶の場合だと、
お客さんとメイドさんの関係性。

宇宙人キヨカとの戦いを
共にくぐり抜けた
お客さんとメイドさんの絆は、

絶対に前よりも強いものに
なるもんね。

日常と非日常との接続部を
お店の競争力の源泉に置く

ことで、お店とWin-Winになる
というこの発想は、

この具体的な話を聞くまでは
想像もつかなかった。


き:なんか、わかってもらえた
みたいで良かったです(笑)


その正体は、無駄を愛する女?


ac5b4cd4.jpg

―それで、ますます
興味が湧いちゃったんだけど(笑)、 

なんで非日常にこだわるの? 

平和で豊かな日々が
ずっと続けば良くない? 


き:うーん、何なんでしょうね。

でも、昔から、
一見無駄なものも好きなんです。 

これは、お婆ちゃんの
影響かもしれません。

よく色んな物を
拾ってきてましたから(笑)


―まあ、無駄を省いた結果が、
繰り返しの生活、
つまり日常だからね。

無駄が好きなのは、
東京に来てそう感じるようになった
とかではなく?


き:昔からだと思います。

『ワンピース』だと『ウソップ』、
『名探偵コナン』だと『元太』
が好きなんです。

一見、いてもいなくてもいい
キャラなんだけど(笑)、

何にも考えずに言ったことが、
たまに主人公のヒントになったり
するんです。

ただズケズケ言うだけじゃなくて、
気づかせる格好よさがあるというか。


―なかなか筋金入りの無駄愛だね。


き:でも、本当は世の中に
無駄なものなんてひとつも無い
じゃないですか。

キヨカフェも、
(コナンの)『元太』みたいに、

協力していただくお店の良さを
改めて知ってもらうキッカケ
づくりをしたいんです。

1日だけの非日常を通じて。


―なるほど。

あと、最後にひとつだけ
つけ加えるとすれば、

きよちゃんはポジティブ評価
の人だよね。

普段からあんまり人の
悪いところを見ていない。

減点法で生きてると、
まず最初に無駄は
削りたくなるから、

そういう人柄も
あるんじゃないかと思う。

これまでモデルをしながら色んな
イベントの企画に携わってきた
きよちゃんならではの
コラボレーション、

これからも期待しています!
というか、
まずは19日、遊びに行きます!


きよきよ きよっぴのブログ(秋山清香さんのブログ)

 ★ ★ ★ 

※編集後記 

自分の世界を持って、
それを表現するだけでも
大変なことだ。

彼女はそれを、
別の世界に接続している。

日常と非日常という
難しい役割の対峙のなかで、

自らの世界を、
もう一方の世界の触媒
として作用させて。 

彼女がそんな難行を
こともなげにやってのける
ことができるのは、

全ての世界を
肯定的に認める能力が
彼女にあるからだと思った。
 
850ee02b.jpg

 
さあ、後は彼女に会いに
キヨカフェに行くだけですよね?

日時  :5月19日(日)11:30-23:00(メニュー売り切れ次第終了となります)
場所:秋葉原 HEART of HEARTs
参加料 :¥3,000(前金制)
menu :KIYO | CAFE スペシャル お子様ランチ
     KIYO | CAFE スペシャル 緑のジュース

39cef2f3.jpg

69ae3a16.jpg
こんなかわいい子なら宇宙人でもいい。

(写真提供:本人)



予定調和をぶっ壊せ! 気軽に味わえる非日常の創出

前回に引き続き、
秋山清香(あきやま・きよか)さんの
インタビューをお届けします!




予定調和をぶっ壊せ! 


―でも、毎月場所探して、

企画立てるのって
かなり大変そう。

場所も企画もお客さんも
『毎回やり直し』って
かなりしんどくない?


秋山清香(以下き):
確かに、一回一回、
決めなきゃいけないのは
かなり大変です。

次の5/19の秋葉原の企画も、
つい先日、お店(場所)が
とっても素敵なところに決まって、

めちゃくちゃ嬉しかったのと同時に、
ほっとひと安心もしました。


―だよね。

そんな思いをするくらいなら、
やっぱり決まったお店があった方が
良くない?

せめて、毎回同じ場所を借りるとか。

そもそも、一般的には、
おんなじことを続けたほうが
ノウハウもたまるし、
合理的だと思うけど。


き:いやいや、俺さん。
それがだめなんですよっ(笑)


―えっ?


き:今って何でもかんでも
合理的で無駄がない方が良い
っていう風潮があって、

合理的、効率的にするために
みんな同じ毎日を繰り返している
っていうイメージがあります。

それをぶっ壊す(笑)のが
キヨカフェの使命なんです!
o ( ><)o


気軽にやって来てほしい、非日常


ad98df18.jpg

―そんな崇高な
使命があったのか。。。

き:人って、いったん
パターンをつくっちゃうと、
中々そこから抜け出さない
じゃないですか。

何か物足りない――
そう思いながらも、

その物足りない日常が
続いていく。


―戦争や冷戦といった
大きな物語が無くなった後の
時代を生きる俺らの課題、

いわゆる
『終わりなき日常』だね。


き:非日常を味わいたければ、
休みを取って旅行に行く
とかして、

意を決して計画的に
味わいに行くしかない。


誕生日とかクリスマスを
祝ったりはするけれど、

旅行と同様に計画して
行うものですから、

サプライズ感は
なかなか得られません。


―小さなサプライズ
って嬉しいよね。

春のそよ風によって、
前を歩く※※の
スカートが※※※※とか!
(※自粛)


き:その例えは
よくわかりませんが(笑)

ディズニーランドくらいの
気軽さで、非日常を
味わえると楽しいです。


―お、おう。それそれ。
(ディズニーはサプライズ
じゃないような気もするけど・・・)


き:それから、
非日常があるから、
日常の良さも実感できるんだ
と思います。

同じことを繰り返しているだけ
どし思っていた毎日が、
実はかけがえのないものだと
気づくこともあります。


―浮気した後の・・・・・
ゲフンゲフン

旅行から帰ってきたときの
『やっぱり我が家が一番』
てやつだね。


『キヨカフェ』はなぜ、移動するのか?

0115da74.jpg


き: [KIYO | CAFE]
 (以下、キヨカフェ)が
『移動式』なのには、
2つの理由があります。

まず、キヨカフェが好きで
毎回来て下さるような
お客さまには、

毎回、新しい場所で
異なるカフェさんの
世界に触れてもらうことで、

非日常体験を
味わっていただけます。

それから、

もともとそのカフェさんに
来ているお客さまには、

計画してわざわざ
飛びこまなくても、

キヨカフェという
非日常のほうがやってくる、
という側面があります。
 
 
―なるほど。

僕らには
非日常に飛び込んでいく
というよりも、

どこか、
非日常の方からやってくる
のを期待しているところが
あるのかもしれない。


 ★ ★ ★ 

※編集後記 

『移動式』のカフェを手がける
狙いは、非日常の提供にある
という彼女。 

次は、
彼女の仕掛ける非日常は、
開催地のカフェが
もともと持つ日常に、
どう違和感なく接続するのか?

を明らかにします。

気になった人は、
5/19、秋葉原
『HEART of HEARTs』へ!

日時  :5月19日(日)11:30-23:00(メニュー売り切れ次第終了となります)
場所:秋葉原 HEART of HEARTs
参加料 :¥3,000(前金制)
menu :KIYO | CAFE スペシャル お子様ランチ
     KIYO | CAFE スペシャル 緑のジュース

de19c366.jpg
5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ