イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

2013年11月

女性の「終電だから帰る」も虚偽表示?→見分ける方法は?

ニュース 現代恋愛事情

全国の女性に本心と異なる「虚偽表示」、長期にわたって常態化か

11月24日 21時35分


ホテルやデパートでメニューの虚偽表示が相次いで明らかになるなか、女性が「男性からの誘い」に対して回答する際にも、「本心と異なる虚偽の回答」をするケースが常態化していることが、生存戦略参謀本部の調べにより明らかになりました。

21世紀の生存戦略を研究する「生存戦略参謀本部」(代表:目黒鮫之助、以下単に「参謀本部」)によりますと、終電近くの時間帯などの重要な局面においても、実際には「(家に)帰らなくともよい」と思っているにも関わらず、「終電だから帰る」と虚偽の回答をするケースが多数報告されているということです。

東京都の私立大学に通う複数の女子大生は、参謀本部の取材に応じ、そうした虚偽回答を続けている理由について、「自分を守りたい」「(相手よりも)優位に立ちたい」「軽い女だと思わけたくない」などと述べているようです。

また、彼女たちは、「言葉のままに受け止めてあきらめる草食男子が多すぎる」「それでは関係が進展しない」と現在の状況に不満を表明しています。

参謀本部は、こうした回答の偽装を「従前から常態化しているもの」と説明する一方で、近年の男子の草食化によって「問題が顕在化している」ことを指摘しています。

取材を行った目黒鮫之助参謀は、「虚偽のものが混入していることは事実ですが、なかには『本心から拒否したい』ケースもあり、トラブルとならないよう慎重な対応が必要」とした上で、

「最近の研究では、『相手が傷つかない言い訳』をいかに用意できるかにポイントがあることもわかってきています」とコミュニケーションのすれ違いを解消する可能性について、明らかにした。

とはいえ、本質的な問題解消に向けては「まだまだ時間を要する(目黒参謀)」ことから、参謀本部では

「恋の行方を特に左右するような重要な局面においては、拒否する場合に『ムリ』を、受け入れる場合には『ヤダ』を使用するようなプロトコルの全国的な採用」

を目指していると言い、目黒参謀は「既にプロトコルヘッダーについての具体的検討に入っている」と話しています。




【男子よ】20歳女子の85%は浮気している【これが3次だ】

報道関係各位

皇紀2673年11月18日
参謀本部生活課


20歳女子の85%が浮気経験あり
背景に新しい教育の影響か


-若者の浮気に関する調査- 


21世紀の生存戦略を研究する研究する参謀本部生活課(本部:東京都、代表先任参謀:目黒鮫之助)は、一部の20歳女性を対象に、「若者の浮気に関する調査」を実施しました。



【調査背景・目的】

本調査は、現在の若者の恋愛の実態を旧来のものと比較し、恋愛に関する価値観の変化を知る手がかりを得ることを目的としています。

なお、当本部はこれまでにも、記事、

『女性の4割は浮気経験アリ』、・・・結婚していても・・・?

の中で、「女性の浮気経験率が男性の勝手な期待よりも遥かに高いものである」ことをデータとともに示すなどして、男性が過度な幻想を抱くことに対しては、警鐘を鳴らしてきました。



【調査結果】

女性の浮気経験率は、前掲の記事で紹介した調査では2010年時点で40%でした。

しかし、20歳女子を対象とした今回の調査(2013年11月)では、45ポイント増加し、85%となりました<図1>


92365177.jpg
<図1>20歳女子の浮気経験率



【その詳細】

回答者のひとり、トモミさん(ほぼ20歳・仮名)は、「自らの浮気は常態化している」とした上で、当部の取材に対してこのように語ってくれました。


――浮気のキッカケなどはあるのか?

「デートをドタキャンされた時などにタイミングよく誘いがあると、行ってしまう」


――トラブルにならないのか?

「イケメンを浮気相手にしている。

イケメンはチャライ場合が多く、そうした相手をターゲットにすることで相手が本気になるということもなく 、割り切った付き合いができていると感じる」


――そうしたイケメンは、本命にはしないのか?

「本命の男はフツメンでよく、とにかく『自分に一途』な人がいい。そうでなければ不安」


――本命の男は(浮気を)知っているのか?(本命に)悪いと思わないのか?

「知らないと思う。全く悪いとは思わない」


――本命ひとりではダメなのか?

「人にはそれぞれ、いいところがある。ナンバーワンより、オンリーワン。

多面的に相手を評価しているので、一番を決めることに無理がある



このような話から、新しい浮気文化の背景に、「運動会の徒競走で、順位を付けないこともある」とも一部で噂される、「新しい教育」の影響があることが考えられます。

新しい教育の意外な副産物として、若者の恋愛におけるエロスがアガペーによって塗り替えられる日も、そう遠くないのかもしれません。


またこれは、従来「女性の浮気は本気」とされてきた女性の浮気の性質に、変化の可能性があることを示すものでもあります。

こうした変化は、イケメンにとって女子との間にWin-Winの関係を築きやすくするほか、フツメンにとっては「浮気される本命」という新しい機会を生み出すことになります。 
 

なお、当部はこうした若者の新しい恋愛スタイルに対して、反対するものでも賛成するものでもありません。

男女の双方に対して、交際時の重要事項としての浮気予定の有無の説明と、浮気時の遅滞ない情報公開を求めていく方針です。


【調査概要】
調査手法  : 聞き取り
質問内容  :「あなたのまわりの女子の中で、浮気をしたことがある子は何割くらいいると思いますか?」
調査地域  : 代官山
調査対象  : 約20歳の女子
調査期間  : 2013年11月
有効回答数 :本調査2サンプル


 ◆調査主体概要◆
組織名   :参謀本部生活課 http://ss21.doorblog.jp/
所在地   :東京都
代表者   :先任参謀 目黒鮫之助
活動内容  :21世紀の生存戦略の研究

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:目黒鮫之助  
Twitter : ttps://twitter.com/ss21c
Facebook : http://www.facebook.com/ss21c

◆引用・転載時のクレジット表記のお願い◆
本記事の引用・転載時には、必ずクレジットとURLを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「21世紀の生存戦略を研究する参謀本部生活課(http://ss21.doorblog.jp/)が実施した調査によると・・・」

【参考記事】
2次元なら、浮気の心配も不要です。
安心してお楽しみ下さい。

とある『AKB 1/149 恋愛総選挙』のプレイ記録



【マジか?】理系女子大生が明かす草食系男子5つの特徴

男子の草食化――。

雑誌やネットで記事を見かけたり
噂で聞いたりすることはあっても、

なかなか具体的にそのありさまを
聞くことは少ない。


本当に男子は草食化
しているのだろうか?



もしかしたら、

肉食女子たちの不満の
はけ口として

でっちあげられた
嘘なのではないだろうか?


あるいは、

30代・40代の男性による

最近の若者には負けねーぞ!
という強い気持ちが

事実のように広まってしまったような

都市伝説なのではないだろうか?


 ☆ ☆ ☆

イマドキの男子は
本当に草食化しているのか?

その疑問を投げかけたところ、

今回、

有名大学の
現役理系女子大生2名が、

身の回りにいる
草食男子たちの実態
を、

本誌だけに語ってくれた。


その結果、

草食男子たちの信じられない
生態が明らかになったので、

ご覧頂きたい。

 ↓ ↓ ↓


------

1. リアルで推しメンがいる

------

「本人のいないところでは

『あずさ、かわいいんだけど
結構遊んでるからなー』

などと呼び捨てしているくせに、

実際に直接話す時は
苗字に『さん』付け。


『中野さんって今度の
クラス飲み来るの?』

みたいな。


「わかる!裏で勝手に

『推しメントーク』

をしていることが多いよね。

その時は知った風で
偉そうなんだけど、

実際、話すと
よそよそしい(笑)」


(解説)

「推しメン」というのは、

もともと、AKB48ファンが、

自分の応援している
(=「推し」ている)
メンバーを指す際に使う言葉。


もともと、「現実に寄り添う」形で
誕生したアイドルであるAKB48
だが、

彼女たちが国民的な大スターに
成長したことによって、

今度は逆に、
「現実のほうがアイドルに近づく」
ような格好になっているようだ。


なお、推しメンだけでなく、
「イチ推し」や「二推し」
もリアルで使われているらしい。

「DD」(誰でも大好き)や
「TO」(トップオタ)もいるのだろうか?

握手会はあるのか?
過去のプリクラは流出するのか?

など興味は尽きない。



------

2. 主戦場はLINE

------

「彼らは、

LINEがなければ、
女の子をデートに誘えない」


「草食男子から
恋愛相談を良く受けるんだけど、

LINEの画面を見せられて

『これどう思う?
(脈ありかどうか?)

と聞かれることもある。

彼らは、
『なかなか既読がつかない』

などで悶々としている」


(解説)

情けないなー。
と一瞬、思ったものの、

自分の高校時代などを
振り返ると、

単に、ツールがLINEになった
というだけで、

それほど驚くべきことでも
ないのかもしれない。

ただ、最近は

LINEで告白


という話もよく聞く。

誰か別の人間が代打ち
していてもわからない状況だが
いいのだろうか?

いっそのこと、

LINEで全部


済ませたら良いのでは
ないだろうか?

とも思ったが、街中に

「メッセージクラブ
LINELINEハウス」

などができていない
ところを見ると、

そんな需要は全くない
のかもしれない。


というか、ない。






------

3. 告白前に根回しする

------

「告白前に、

『俺のこと好き?』
と探りを入れてくる、

プレ告白がある。

それから、
その次のデートあたりで

本番の告白がある(笑)」


(解説)

これは凄い。

会議の前にしっかり
ネマワシが終わっている
草食男子たちは、

すっかり、
日本のサラリーマン
になる準備ができている!

ネマワシ後の
しゃんしゃん告白!

それが日本の流儀なんでね。


------

4. 彼女ができるとチャラぶる

------

「草食男子は、

彼女ができると、やたら
『合コンがしたい』
とか言い出すけど、

言いたいだけ。

実際はそんな度胸はない」


「なんか、

『チャラぶる』

よね」


(解説)

なんちゃってチャラ男
の話はよく聞く。

言っているだけなのに
彼女の耳に入って
ガチギレされ、

その後、
必死で謝っている様子
も目に浮かぶようだが。。。


その中途半端な悪さは

タバコを肺に入れずに
ふかしているのと同じくらい
意味のないことだと思うけれど、

草食系かどうかに限らず、

まぁ、そういう頃もあるよねと
なんだか微笑ましい。

恋愛をクリアしたら、次は
浮気に挑戦したいんですよね。
わかります。


------

5. 交際中に不満があるとスネる

------

「彼女持ちの草食男子からは、

『ケンカしちゃったんだけど、
どうすれば許してもらえるか?』

という相談も多い。

ケンカの原因は色々聞くけれど、

例えば、

『彼女が飲み歩いているのが
嫌で、

直接注意できずに
冷たい態度をとってたら、

逆にキレられた』

とか」


(解説)

相手に不満がある時や
やきもちを焼いた時などに、

相手にそれを直接言えずに
スネたり腐ったりしてしまう
傾向がある模様。

「友達は彼女から
誕生日プレゼントに
財布もらったんだって。
いいなぁー」

とか、

「こないだ、変な女に
逆ナンされちゃった」


などと言ってきたりもする
んでしょうか。

だとしたら、
お相手の女性にとっては
少々、面倒ですね。

男子力が求められる。


 ☆ ☆ ☆


以上のように、今回は

交際前から交際中に至るまで、
恋愛のプロセスに沿って

草食男子の実態をお届けした。


これは主観だが、

私は自分が学生だった時分よりも、

イマドキの男子の
草食化は進んでいる
ように思える。


女子側の反応としては、

「勇気出して
ご飯誘ってくれると嬉しい」

「悩んでる姿がかわいい。
自分の相手だったら嬉しい」

という好意的な意見がある一方で、


「草食とは付き合わない。

友達どまり」

とバッサリ切り捨てる意見もあり、
二分されているようだ。


新世代のこの状況は、

旧世代の肉食男子にとって

まだまだ俺たちは戦える!

と自信を与えてくれる
朗報なのかもしれないし、


旧世代の肉食女子にとっては

やっと時代が追いついた!

ということなのかもしれない。



みなさんのまわりではどうだろうか?

草食男子、いますか?



よろしければ、是非押してください!!m(__)m

Share (facebook) tweet Share(LINE)



人生初の骨折が教えてくれた5つのこと

お蔭様で、骨もつながってきました。

9月の初めに骨折してから
これまでの、不自由な2ヶ月間、

禁煙という拾い物もしましたが、


もう少し得るものがなければ

折れて少しサイズアップした右足も、
かわいそうです。


だから今日は、
骨を折って気付かされたことを

自分のために書き留めておきたい
と思います。


---------

当たり前の大切さ

---------

骨を折って、当たり前のことが、
全くできなくなりました。


電車に乗ることはもちろん、

最寄りのコンビニに
食べ物を買いに行くことでさえ

難易度の高い課題に変わりました。

シャワーを浴びるなんてことは勿論、
トイレに行くことすら面倒な毎日。

 ☆ ☆ ☆

私は普段、どちらかというと
変化のない毎日が大嫌いで、

一日として同じような日は
過ごしたくない、

などと思っているほうなのですが、


健康で平和な日々の
それだけで
 
何と有難かったことか!

 ☆ ☆ ☆

もちろん平穏な日々に甘えて
堕落してはいけないのですが、

理想の追求を急ぐあまり、
その基礎となる部分を、

健康をはじめとする
「当たり前」の部分を、

軽んじてはいけない
強く思いました。

 ☆ ☆ ☆

車に乗ったら、
安全第一!

タバコはやめて、
健康第一!



---------

毎日の非連続性

---------

そんなふうに当たり前のことが
突然できなくなって、

私の毎日は180度変わりました。

(わずか2段、足を踏み外して
階段から落ちただけで!)

 ☆ ☆ ☆

実はこの感覚は、

今の時代を生き抜く上で、

絶対に忘れてはならないこと
だと思います。


科学も哲学も
より複雑なものを扱い、

爆発的な情報量が流通する
不確実性の高い今の時代は、

ある日突然、

想像もしていなかったことが
起こる時代だからです。

 ☆ ☆ ☆

現代では、
どんなに堅実な人でも、

近代の頃ように
計画的な人生は送れません。

佐賀藩士が(死ぬべき時に
迷いなく死ねるように)

毎朝死ぬ練習をしていた・・・

ということを思い出しつつ、


いつ、何が起きても
おかしくない!

今やれることは今でしょ!と

毎日を、今この瞬間を、

今まで以上に一生懸命、
全力で生きる

ことに決めました。

 ☆ ☆ ☆

今日できることは、
今日やっちゃいましょう 。

たとえそれがプロポーズでも。 



---------

人の親切の有難さ

---------

骨折したその日、

ファミリーマートで
汗だくになって

松葉杖と買い物カゴと
格闘していた私を

救ってくれたのは
イチロー風のお兄さんでした。

 ☆ ☆ ☆

雨が降った日には、

工事現場のおじさんが
車椅子を押してくれました。


近所の警備員さんには、
しょっちゅう車椅子を
タクシーに乗せてもらいました。

周りの方々はもちろん、
見知らぬ方々にまで、

本当に色々な方に
助けていただきました。

 ☆ ☆ ☆

いま振り返ると、

こんな風に
本当に困っていた時に
してもらった親切は、

普段とはまた「違うもの」
のような感覚でした。


もちろん、普段から
人に親切にしてもらうことは
気持ちのいいものです。

でも、それとは
根本的に何かが違ったのです。

人の親切のありがたみは、

自分が本当に困って初めて
わかるものなのかも

しれません。

 ☆ ☆ ☆

これからはもう少し、
 
困っている人に
優しくできる気がします。


特に、車椅子と松葉杖の人には。 



---------

人助けてもらう勇気

---------

そんなふうに、
 
本当に色々な方に
助けていただいたのですが、

そのこと自体、
骨折前の自分が見たら
驚いたかもしれません。

あるいは、
情けないと嘆いたかもしれません。

 ☆ ☆ ☆

なぜかというと、

骨折するまでは、
(心の何処かで、)

大抵のことは自分ひとりで
何とかできると思っていたからです。

それはもちろん、
あまりに馬鹿な考えなのですが、

正直、そういう傲慢さが
少しはあったように思います。

 ☆ ☆ ☆

誰かに頼るのは、

その借りを返さなきゃいけない
のが嫌でした。

ひとりが楽でいい。

誰かに同情されて助けてもらって、
恥をさらすくらいなら、
 
我慢した方がいい、と。

 ☆ ☆ ☆

ところが、
足の甲の骨をたかだか
一本折っただけで、

私は随分と弱っちい存在に
なりました。

コンビニに
飯を買いに行くこともできない
人間になってしまったのです。


でも、そのおかげで、
 
誰かに頼るしか無い状態に
追い込まれたおかげで、

初めて他人に頼る勇気を持てました。

帳尻は後で合わせれば良いや、と。

 ☆ ☆ ☆

これからはもっと人に頼って、

その恩返しをしながら、 
生きたいと思います。

やられたらやり返す。
倍返しだ。



---------

明るい未来

---------

骨折してからの1ヶ月は、

レントゲンをとってもとっても
良くならず、

辛い日々が続きました。


反対にその後の1ヶ月は、

レントゲン結果もどんどん
良くなっていきましたし、

実際に、身体の感覚としても
日々、回復が実感できる
期間でした。

行動範囲も拡大していきました。


一週間経つと、
今まで行けなかった場所に行ける。

RPGで船や飛行船を
手に入れたような感覚です。

 ☆ ☆ ☆

ここで感じたことは、

「今日」よりも絶対に良くなる
「明日」の、

何と待ち遠しいことか!

ということです。

明治維新や
高度経済成長期など、

かつてはそういう感覚を
国全体で共有できた時代が
あったのかもしれません。

 ☆ ☆ ☆

でも、
 
今は放っておいても
明日が良くなる時代では

残念ながらありません。

それでも、

明日を今日よりも
もっと良くしようすることは

なんともワクワクすることです。
 
 ☆ ☆ ☆

三ヶ月後、一年後、三年後、

自分や周りの人間の

いまよりももっと幸せな毎日を
具体的にイメージして、 
 
総力を将来の建設に傾け、
誓って未来が明るさを信じて、

突っ走っていきたいと思えました。



それもこれも、生まれて初めて
骨を折ったおかげで。
 



注意:人によって感じ方が違います。なお、筆者は大げさです。



B型男子の取扱説明書:使用上のご注意

桜蔭生との結婚を激しく推奨する記事
を書いてからというもの、

他校OGの反応が冷たい。

もう、婿に行けないんじゃ
ないだろうか。。。

一方で、桜蔭生はというと、
なんだか株価が上がってしまった。

気がする。


皆さまからのご支援のお陰で

「桜蔭 結婚」と検索すると、

例の記事が
平均2.5番目に表示される!

望んでいたことではあるのだけれど

このままでは自分の婚活に
黄色信号が灯る。

なんとか自分の株は
上がらないのだろうか。

そこで、今日は
B型男子の説明書を書き始めてみた。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

B型男子の取扱説明書


□■□■□■□■□■□■□■□■□

使用上のご注意


□■□■□■□■□■□■□■□■□


B型男子は、受け身の姿勢で楽しむための製品です。ほかの用途にはご使用になれません。

B型男子を快適に、より安全にご使用いただくため、以下の注意事項をよくお読み下さい。

 ×以下の操作をしない

・傷つける

頑丈に見えて意外と繊細です。

・無理に曲げる

我が道を行くので、外圧に曲げられるのは大嫌いです。

・重いものを乗せる

重い言動を受け止めることはできません。
 
・束ねる

集団行動には適しません。

・無理に引っ張る

我が道を行くので(以下略)

・一箇所に固定する

落ち着きが無いので(以下略)


 ×次の方は使用しないで下さい。

・過度にデリケートな方

振り回されることで気分が悪くなる場合があります。

・心が乾燥気味の方

本製品は「さっぱり」タイプとなります。
心がすぐに乾燥してしまう方は「しっとり」タイプの方をご利用下さい。

・AB型の方

知らず知らずのうちにB型男子の方が振り回されて、壊れてしまう場合があります。


 ×ご使用の前に知っておいていただきたいこと

・適度に休ませる

使用頻度が著しく高い場合、本製品の寿命を縮める原因になります。

多くても1週間に2回程度の使用に留めて下さい。

・いつも充電器に戻しておく

充電のしすぎによって、故障することはありません。

B型男子にとってひとりの時間は大変大切ですので、使用しない時は、充電器に確実に戻してください。

・長期間連続で使用すると反応が遅くなる場合がありますが、故障ではありません。

反応が遅くなったと感じる場合には、充電して下さい。

全く反応がなくなった場合でも、長期間休ませると復旧する場合があります。


□■□■□■□■□■□■□■□■□


あれ?

・・・全っ然、株が上がる
内容になっていない。。。


また次回やり直し!

 
5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ