イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

2015年05月

東南アジア歴訪記4日目、ジャカルタからシンガポールへ

今日は移動日。

とはいえ、
移動だけに充てるのは勿体ないので、

出国前に
大好きなショッピングモール見学。

















シンガポールはジャカルタに比べて
日本車の比率がだいぶ低いですね。

タクシーなんかだと、
ヒュンダイの方が多いです。

きちんと調べたわけでは
ありませんが、

私は何となく、

インドネシアでは現地の工場で
日本車の「生産」も行われている
ということが

関係しているような気がします。


エンタメ領域でも、

(ジャカルタでもシンガポールでも)
基本、KPOPや洋楽ビルボードが
強いなかで

ジャカルタで日本勢では
(アニソン歌手でも
初音ミクでもなく!)

JKTさんがそれに対抗しえている
唯一の存在と言われていましたが、

劇場が有るという強みは勿論ですが、
やはり現地語で、
そもそも日本とはまた違う世界観で

現地の方々がやられている
ということが大きいのではないか
と思います。


そんなふうに、
車でもエンタメでも、

ローカライズというか、

つくったものを
買ってもらうのではなく、

一緒に作っていく形での
コラボレーション、
というのは、

今回の旅のテーマのひとつに
なるような気がしています。


つまり、ここまで見聞きしてきた
ところでは、個人的には、

日本で売れたものを海外に輸出する、
という考え方だけでは
厳しそうという感触です。


そのあたり含め、
シンガポールでも色々と
現地で生で感じてきたいと思います!


東南アジア歴訪記3日目ジャカルタ(3)

ジャカルタ3日目は、
JKT劇場へ!



























JKT劇場公演は最高でした。

次回はきちんと
インドネシア語で数字を覚えて、
抽選に勝って
前方の席を確保したいと思います^^

そしてこの日はBaywalk mallでの
なちゅさんのイベントの最終日。

前日以上の人出で、
大変、盛り上がっていました。 

日本をテーマにしたイベント
だから余計に、
ということもありますが、

来ている方々は本当に
日本のことを大好きでいて
下さって、

現地の方々の
日本への好意に触れるたび、

日本人として恥ずかしくない
ようにしないと、と
やっぱり背筋が伸びます。

そんな中で、書道という
大変に日本らしい方法で

日本の心を伝える
なちゅさんの活動は、

大変に素晴らしいものだと
改めて感じました。

(現地の方々にとっては、
この日見た書道が
「書道」になるわけですから 、

その影響の大きさは
単に私が日本人として
見られるからといって
襟を正していることの
比ではありません。)

なちゅさんのイベントの
成功を祝いつつ、

明日は夕方に
シンガポールへ発ちます。 

てりまかしー!
 

東南アジア歴訪記2日目ジャカルタ(2)

ジャカルタ2日目は、
なちゅさんの出演する
書道イベントを
見学させていただきました!

会場は、家族連れでにぎわう
海沿いの超近代的な
ショッピングモール。

なちゅさんが
巨大な筆を振るったほか、

一般の方々による書道体験も
行われた、
こちらのイベントでは、

初めて筆を握った親子連れの方々で
おおいに盛り上がっていました!























イベントの途中、
なちゅさんに会えて嬉しすぎて
号泣するファンの女の子もいました。

海を越えた心の通い合いに
胸を打たれながら、

やはりこれからの時代、
なるべく、
お客様と国境は関係ないように
したほうがいいなと思いました。



もちろん、文化の違いや
ローカライズの必要はあるのですが、

例えば日本国内だけで
10代と60代のお客様に
同時に訴えかけるくらいなら、

アジア中の10代に訴えかけたほうが
価値観は近いかもしれませんよね。



これからはアジアの時代。
ひと時代築き終えたような顔で
休むには、勿体無い。

それだけの可能性を感じます。

これからだからこそできる、
面白いことがあります!

東南アジア歴訪記1日目ジャカルタ(1)

念願の東南アジアに!












日本にいるときから
水道水で鍛えておいた
成果かはわかりませんが、

今のところお腹は大丈夫ですw

まだ行動してるのは数時間ですが、
現地の方から色々と生のお話も伺えて、

もちろん
自分の目でもそれを
確かめられるので、

とにかく
濃厚な時間を過ごしております!

DeNAベイスターズの選手が少女漫画風に!

さてこのたび、
DeNAベイスターズさんからの
ご依頼で、

選手の皆さんの「少女漫画化」を
プロデュースさせていただきました!

大の野球ファンでもあられる
モユ先生にご尽力頂きました。

あふれるキラキラ感、さすがです。

実物を見に行くのが楽しみです!















各所で話題になっていたようで
良かったです^^

(さすが今をときめく
ベイスターズです・・・!)

公式:
オリジナルフォトスポットが5/22(金)より登場!
選手が少女漫画風イラストに! 


 
5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ