イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

2015年07月

グロービス「クリ・シン」クラス初日を終えて

社会人の方を対象とした
ビジネススクール、グロービスでの
「クリティカル・シンキング」講座。
 
隔週×3ヶ月間、
全6回にわたるクラスの、
昨日は初日でした。


どんなクラスになるか、
私自身、期待と不安が
入り混じっておりましたが、

素晴らしい受講生の方々に恵まれて、
最高のスタートがきれたと思います!

受講生の方からも、
「来てみるまで不安だったけど
こんなに楽しいものだったんですね!」
と言っていただけて、まずは一安心。

でも、このクリティカル・シンキング
というやつは、

「実務」で行動に移していただき、
また、成果を出していただくまで
が難しいところなので、

受講した方々「全員」が、
最終第6回までに、
「実際に仕事に役立ちました」
と言っていただけるよう、

全力を尽くしたいと思います!!
 
 

真夏の琵琶湖上空を舞う「鳥人間」の方々を応援します!

サクラスではお陰様で、
様々なメディア企業のメディア戦略に
関わらせて頂いてますが、

今回、9月にオンエアされる
『鳥人間コンテスト』を応援します!

私が今回、微力ながら
この大会/番組を応援したい
と強く思ったのは、


・・・とにかく参加者の熱量が
ハンパではないんです!

参加者の方々は、
人生をこの夏の大会に賭けている、
といっても過言ではないです。

知れば知るほど凄い濃厚な
イベントです。

ある意味、これ以上の
ユーザ参加型の番組は
無いんじゃないかと思うくらい。
 

オンエアは毎年、
燃えたぎる情熱を持った鳥人間たちの
青春が詰まったものになってますが、

出場者の方々は、
数十万円ずつ自腹をきってたり
徹夜を繰り返してたり
過酷なトレーニングを積んでたりと、

なかなかストイックなことに
なっていて、

放送枠に収まらないことも
たくさんありそうです。

そんな濃厚な「鳥人間たちの夏」の様子は、
以下のページから配信されます。

是非、いいね!をして
ちょくちょく覗いてみて下さい。

宜しくお願い致します!





金沢〜大阪〜福岡と周って、東京に戻ってきました。

先に言っておくと、
本日の更新、内容はありません!
完 全 に 日 記。













ということで、
名古屋から始まった今回の
国内出張?も無事終わりまして、

スカイマークに乗って
羽田に戻ってきました。

お陰さまで仕事が思いの外、
忙しくなってきまして、

嬉しい悲鳴というか
単に貧乏暇無しという感じで

そういうば
グロービスの授業も
気づけば再来週に迫ってますので

来週は東京で集中して
もろもろ頑張ります!

 

クラウドソーシング(4回目)で会社のパンフレットができました。

社名、ロゴ、ホームページに続き、
パンフレットでも
クラウドソーシングを活用しました。

出来上がった原稿がこちら。
刷り上がって届くのが楽しみです!

SAKURAS_panf_A

SAKURAS_panf_B


なお今回も、クラウドワークスで
募集をさせていただきました。

メディアコンサルティング会社の会社紹介パンフレットデザイン(A4巻き三つ折)

デザインして下さった
さなっつさま、
有難うございました! 

これでキ●コーズで
1部2,000円かけて
資料をつくらなくても
すみます。

やったー!
 
5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ