イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

2015年10月

明日、マンガディベロッパーズカンファレンスに登壇します!



エブリスタ時代からお世話になっている
トキワ荘プロジェクトの菊池さんが
「マンガディベロッパーズカンファレンス
(以下、MDC)」を始められました。

漫画家の方々への支援をされてきた
菊池さんが今回、
こちらのMDCを創始された経緯を伺うと、

ある時、
「これ以上、食えない漫画家を
増やしてどうするのか?」という
趣旨のことを問われたこともあったそうで、

面白い漫画が生まれるように
していくことと、
それをお金にしていく取組みとは
車の両輪で、

今回は、その後者のほうにも
取組まれることを決意された、
ということでした。

製販両輪が重要というのは
私もまさにその通りだと
感じているところでして、

折しも私自身、
5年向き合ってきたエブリスタを離れ
社外の空気に半年ほど触れた
ちょうどいいタイミングかと
思ったこともあり、

尊敬する菊池さんの新たな取組みの
栄えあるトップバッターを
大変僭越ながら
やらせていただくことになりました。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

上記のような
菊池さんの思いを受けて、

また、私自身の思うところも
多少含めまして、

当日はこんなことを
お話できたらと思います。


1. エブリスタでできたこと、できなかったこと

2. 私が考える編集者(プロデューサー)の役割

3. 私が考える出版社の役割 〜伝統的メディアの現場から

おまけ. 日本のコンテンツと世界 〜退任後、10ヶ国ほど周ってみて感じたこと


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

エブリスタでは
作家の皆さんや作品、
周りの方々に恵まれたおかげで、

大変貴重な景色を一緒に
見せていただきました。 

その後の半年、
海外やコンサルを通じて
感じたことを皆さんと共有し、

当日は有意義な議論ができましたら
幸いです。 

私のような若造が甚だ僭越ですが、
宜しくお願いします!

 

【悲報】iPhone6S(サクラスピンク)割れました

ちーん。

iPhone6S(サクラスピンク)の
画面が割れました。

image


ま、まあ・・・、

このサクラスピンクも
そろそろ持っている人も増えていたし、

「もう割ってる!」くらいの方が
最先端でいいかな。


・・・いいわけないでごわす!


タイトルで
説明は全て終わってるんですが、

後に続く被害者を一人でも減らすために、
悲しい感情を押し殺して、筆を執ります!

多分これを読んでいる殆どの人が、

「自分は100万回くらい落としているけど
ヒビひとつ入ったことがないから大丈夫」

と思っていると思います。

私もそう思ってました

しかし!

iPhoneは、
ひょんなことから、突然割れるんです。

それは、

ケースを変えた時です。


原因は今も調査中ですが、
どうもケースにあるようなんです。


これが今回割れていた時に
つけていたケース。

せっかく、
サクラスピンクにしたのだからと
透明なケースです。

何がいけないか、わかりますか?
 

ガラスの「縁」が露出しているんです。


iPhoneの液晶を覆うガラスは、どうも
「縁」に硬いものが当たった時
(縁の部分から落ちた時)に、

ヒビが入ることが多いみたいです。
 
つまり、せっかくカバーを買っても、
こんな風に縁が出ていたら何の意味もない。



こういう風にガラスの縁の部分まで
覆ってくれるカバーを買うべきです。

これで、大丈夫。

たぶんね。


あと、もう一つお伝えします。

iPhoneのガラスを割る人というのは
後を絶たないようなので、
こんなサービスがあって便利です。


T井さんに教えてもらいました。

が、

5-6件ほど電話をかけましたが、

「部品がまだ入ってない」
とのことから、

iPhone6Sは未対応
のようです。

というわけで
3万円台の修理代がかかります。

ちなみに、私は
しばらくヒビ割れたまま
使うことにしました。


皆さんは気をつけてくださいね!

 

広島・呉まとめ。海上自衛隊呉地方総監部など訪問しました。

G1という会合で
広島に行っておりました。

個人的には
小学校の修学旅行以来
の広島でした。

色々と貴重な場所にも
行かせていただきましたので、
ここに写真などまとめます!












少しだけ真面目な話を
書いておきますと、

G1メンバーの皆さまや、
地域の事業化の皆さまと
お話しさせていただき、

次の事業を準備するにあたって、
大変貴重な刺激を
多くいただきました。

また、海上自衛隊
呉地方総監部の方々にも
大変お世話になりまして、

国のために文字通り
命懸けで働かれている
方々のために、

自分は何ができるのか、
ということを
改めて考えさせられました。

こうした気付きは
小さくても早々にまず第一歩、
行動に移していくことが肝心
ですが、

まずは自分自身が
怠けてしまわないように
今日の気持ちをここに
記しておきたいと思います。









 

アナタはもう始めてますか?「猛アタック」について調べてみた。

近頃は何でもネットに書いてあって、
便利ですね。

情報自体に価値はなくて、

やるか、やらないかです
キリッ •̀.̫•́✧














「猛アタック」は調べてみると、
どうも随分とアナログなもの
のようです。

でも、LINEに猛アタックボタンを…
なんて野暮なことは言いません。


ただ、個人的には
「ジェットストリームアタック」
のようなチームプレーが好きなので、

チームでできる「猛アタック」
・・・はダメでしょうか?


【個人的】今後の目標について

エブリスタを退任して
半年が経ち、

総括
(というか半年間の活動報告)
も済ませたところで、

よし、
今後の目標を立てよう!

と思っていたのですが、

(まずは人生の目標か・・・?)
などと、

なんか、妙に力が入ってしまい、

ずるずると、
今になってしまいました。

でも何もいきなり
孫正義ばりの人生の計画※
を立てずともよいはずですので、

※20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を最低でも1000億円貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に引き継ぐ。(覚書き|19歳米国留学中に人生の目標を簡潔に表現した言葉。)

http://systemincome.com/5139 

そろそろ決めてしまって、
書き留めておきたいと思います。

自分でうやむやに
してしまわないように。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

「最終ゴール」からの逆算。

するとしたら、
「最終ゴール」は何か?

「還暦までにしたい」ことを
3つ考えました。

注:結婚は除く。

1. 東大を超える教育機関をつくる

2. 朝日新聞を超えるメディアをつくる

3. ディズニー・・・
は超えられないかもしれないけど、
少しでもそれに近い規模の
夢の国(エンタメ・IPの集合)をつくる
 

1.は前から言ってることなので
迷いません。

東大というのは
わかりやすいから
固有名詞を書いただけで、

大学、というか、
教育のあり方そのものに対して、

思うことがあるので、

それをカタチにしたいです・・・!

***

2は若干、最近の体験に引っ張られてて、

いっときの熱じゃないか?
という気も無いではないですが、

国を良くするには、
「教育」か「メディア」か
「政治」しかない、

というのは昔から言ってることなので、

このうち「政治」に関わる気は
ありませんので、

「教育」と残りのもう一つ
ということで、悪くないかな、と。

注:「悪くないかな」とか言ってる
レベルの夢は叶いませんので
良い子のみんなは真似しないで下さい。
私のは言葉のアヤです。照れ隠しです


なお、こちらでも
「朝日新聞」と書いたのは、
1で「東大」と書いたことと同じで
固有名詞を挙げて具体的にしよう
という目的でして、

決して政治主張がどうとか
戦前戦中の報道姿勢がどうとか
ややこしい理由は
一切ございませんのでご了承下さい。

***

3. は、
宗教って書きたかったけど
ここには流石にそうは書けないので、


「日本の強みはハードからソフトへ」
と7年半前ロシアで感じたことに正直に、
書きました。

今は日本のコンテンツを海外に
「輸出」することが正しいとは
あまり思いませんが、

それでもソフトなものづくりにおいて、

日本が果たすことのできる役割は
大きいんじゃないかと思ってます。

***

というわけで、
少々、本音と建前がありつつも、

以上を還暦時点での目標
として置いてみます。

欲張りに3つも。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

これを逆算していきます。

あまりに“とらぬ狸”すぎて
恥ずかしいので、後半の詳細は省略!

途中省略しますと、

今後10年以内に、
「教育事業に必要な投資」
をできるようになる!

ということが必要そうです。


教育は、儲からなそうですし、
結果として儲かった、
くらいでないと、

やるべきことが曲がってしまい
そうなので、

お金がある状態で取り組みたいです。
そのため、すぐに教育で起業する!
ということは考えていません。


その前提で、
この先、10年の過ごし方を、
どうするか?

まず5年以内に1社成功。

いろいろピボットなどしながら
もがき苦しむと思いますが、

まず1社。

5年以内に。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

そういう状況であれば、
今すぐにでも
何か起業して始めるべきですが、

実はこの下期(2015/10/1〜2016/3/31)、
ということでいうと、

コンサル業をしつつ、

3Qは本の執筆、
4Qから準備して、
4月目標で立ち上げ。

ということで良いかと思ってます。

コンサルとして
関わらせていただいていることが
とてもエキサイティングな内容である、
ということもあるのですが、

色々作戦を考えた結果、
でもあります。


ちなみに、
来期(2016/4月〜)は
事業を立ち上げつつ、

経営大学院での講義を
英語で行うことにも挑戦。

・・・と宣言しておきます。

サボらないように。
ココに書いとかないとサボるので。

逆にココに書いたことは、

3ヶ月間毎日更新とか、減量とか、
意外と真面目にやってきましたんで、

10月からも頑張ります!


5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ