イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

2016年02月

(動画)お母さんが今も忘れられない、子どものしてくれたこと

SAKURASでは現在、
この春放送のスペシャルドラマ
「ぼくのいのち」のPRの一環で、

Facebookへの動画配信を
お手伝いしています。

このドラマは、
病気と戦う「家族」がテーマ。

家族というものの持つ力や可能性に
改めて気づかせてくれるドラマです。

いま配信している動画も、
そうした家族の温かさ、頼もしさを
感じることができます。

Facebookページでは
皆さんからのエピソードも募集しています。
どんどんお寄せ下さい!


『お母さんが今も忘れられない、子どものしてくれたこと』2016年1月11日。成人式で新成人のお母さんたちが話してくれた今も忘れられない、「子どもがしてくれたこと」「子どもが言ってくれた言葉」。子どもたちの何気ない言葉や行動。他人にしてみれば”アタリマエ”の事かもしれない。でも、お母さんたちにとっては違いました。抱えてきた悩みや後悔から解き放ち、笑顔にしてくれる”チカラ”を持っていたのです。スペシャルドラマ「ぼくのいのち」には、そんなお母さんの心に元気と勇気を与える子供の言葉が溢れています。辛い時も悲しい時もいっしょに闘う家族の奇跡の物語にご期待ください。http://www.ytv.co.jp/bokunoinochi/【コメント欄に体験談をお寄せ下さい】皆さんも、お子さんの「こんな行動やひと言で思わず笑顔になってしまった」という体験はありませんか?「子どもがしてくれたこと」や「子どもが言ってくれた言葉」に笑顔や心安らぐ涙がこぼれたというエピソードをぜひ教えてください!投稿はコメント欄にお願いします。みんなで、笑顔を共有しましょう!※お寄せいただいたコメントは、番組やインターネットでご紹介させていただく場合があります。※ペンネームご希望の方は、ペンネームも合わせてご記載下さい

Posted by ぼくのいのち on 2016年2月9日


コメントはコチラからどうぞ!

お待ちしてます!

宇城ゆかりさんにプロのメイクの技を見せてもらいました!

以前ブログでもご紹介した、
宇城ゆかりさんに久々に再会しました。

 7年続けた美容部員を卒業し、
メイク講師として独立した、 宇城さん。

(詳細は、2013年の
こちらの記事をご覧ください )
Girls, be ambitious!(1)―メイク講師 宇城ゆかり 
 

3年前に取材させていただいた後、
テレビ朝日『ロンドンハーツ』見た目ビューティカップ
からもお声が掛かったようで、

現在は美容専門学校・福祉専門学校の
メイク講師として活躍する傍ら、
製薬会社などで企業のコンサルティングも
手掛けるなど、
さらに活動の幅を広げていました!

今回、無理を言って
うちのインターンの子に
メイクを実演してもらったのですが、
その様子がこちらの動画です。
 
※なお、冒頭の音声が
入っていないのは私のせいです 汗
ごめんなさい・・・!

会った瞬間、
「貧血気味だったりしない?」
など、相手の体質も
ズバリ言い当ててしまうところはさすが。

みんなに画一的なメイクのテクニック
を教えるだけではなく、

相手に合わせて、メイクを活用した
お悩み解決を考えるお仕事なんだなー
と感激しました!!





 
5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ