学校はなぜそれほどまで意味の無いことを教えるのか

それはいまの学校教育が(ある意味とても素直に)
「教える側の都合」を反映したものであるからだと思っている

つまり誰も悪くないけど
構造的にそうなってしまっている

教師や教育委員会,役所にとって一番嫌なのは,
失敗して非難されたり,責任を問われたりすることで

学校を卒業した生徒が,社会で活躍しようと,
人生に絶望して中央線のお世話になろうと,
教える側にとっては関係のないことで
失敗したり非難されたりしないために
いまの詰め込み教育はとっても都合が良い

だって正解が客観的にきまっているから
教え方や採点 を間違えるわけがないんだもん

きわめて納得のいく話だ

 教える側だって人間で
家族だっていて,生活だってかかっている
 
昆虫の脚は6本です
縄文時代の住居は竪穴式で
とか,言っていれば良いだけ

下手に人類の進化のスピードは不自然に早くないか
日本はなぜ戦争をしなければならなかったのか
とか,議論を呼ぶことを扱うと

保護者からクレームが入ったり
生徒の質問に答えられずに信用を失ったり
ろくなことがない 

自身の保身に走ってそれでも教育者か
と怒りが湧いてくるかと言われると
彼らに悪気はなくて,

「事なかれ主義」「プロダクトアウト(生産側の都合優先)」
の教育を受けてきたから
その原理に従って行動しているだけ

教師やになったかつての生徒が
また教師になって生徒を
「事なかれ主義」や「プロダクトアウト」に染め上げる

こうした負の連鎖はどこかで断ち切らなければ ならない
あなたは被害者になっていないか