リア充向けの説明は終わりました。

後はマニアックなことも含めて
好き放題に叫ばせていただきます。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

今回の大組閣は
ファンの皆さんの予想を
超えるものだったに
違いありません。

インターネット掲示板などからは
悲痛な叫びが聞こえておりますが、

特に、中軸の多くを失った
SKE48陣営は

もはや阿鼻叫喚といった様子で、
大パニックに陥っています。

昨年年初の大量卒業時の
地獄絵図がよみがえるようです。

「もう、これを機に
ファンを辞めてやる!」

といった声も多く、

とにかく否定的
コメントが目立ちます。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

今回の「大組閣」、

これは世紀の大失策
だったのでしょうか?


特にSKEについては、

シングルが2作連続前作割れ
したことに対する


懲罰人事なのでしょうか?


SKEびいき
当ブログならではの見解を

このタイミングで早々に
出しておこうと思います。

まずこちらのグラフ。

何のグラフでしょう?

2bff81a4.png


わかりますか?

そうです、

そうです、

アメリカ、日本、中国のGDP推移
です。 ※ソース


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

続きまして、

こちらはどうでしょう?

dd202e72.png


先ほどのグラフと、

ほとんど?
一緒の形をしています!



ですが、

 
ですがこれは、

googleトレンドで調べた

AKB、SKE、そして乃木坂の
検索トレンド数
です。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.
 
これが言いたいことの
ほぼ全てです。


SKE48は日本です。


アメリカに追いつけず、

成長が止まって
もがき苦しむ間に

中国に追い抜かれた、
日本のようです。


SKE48は日本です。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

なお、
先ほどのグラフは

ちょっと変なところで
切ってますが、

年数を入れてAKBを除くと
こんな感じです。


4d13fcda.png
Google トレンド



こうしてみると、
SKE改革は、待ったなし。

ともすると、
遅すぎたかもしれません。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

人事異動は
カンフル剤にはなるでしょう。

電子レンジのように
中の分子を振動させて

元ほどの高温ではなくても、

温度を一時的に高める
ことはできるでしょう。

でもそれは、

アベノミクスにおける
金融緩和と一緒で、

所詮はカンフル剤
に過ぎません。


問題は、その後の
成長戦略

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

あまりの閉塞感に
我慢出来ず、

政権交代をさせて
お灸を据えるのは、
大いに結構。

でも、それで
お腹いっぱいになることは、

実は一番危険です。


政策もアイドルも中身が肝心。

肉を切らせて骨を絶つ。

長期的な視野にたった
改革の断行。

たとえ一度しゃがんでも

持続的に拡大再生産する
仕組みや生態系づくりを。


頑張ろう、SKE。


頑張ろう、日本。