終戦の日を迎えるにあたり
毎年、何らか
本読んだり映画を観たり
するようにしている。

今年はどうしようか
と考えたときに、ふと、
ある方に教えてもらったことが、
頭を過ぎった。

・ ・ ・

日本は何か問題があると、
それを個人の責任にして
皆でそれを叩く傾向があるが、

外国では誰かのミスも皆の責任
と考える風土がある。

つまり、問題が起きた背景や構造を
考えることができる。

日本人が一見して無責任なのは、
反対にむしろ個人の責任に対して
厳しすぎるからだ、と。

・ ・ ・

日本人社会における
責任の所在の曖昧さは
その全体主義に起因すると
(漠然と)
思っていただけの私にとって、

この指摘は、目からウロコだった。

不正会計、不正操作、
違法ではないが不適切・・

確かに悪いことが悪いのは、
間違いない。

皆で一斉に悪者を吊るしあげて、
それで満足してしまっているような
ところがあるのは否めない。

吊るしあげた後は、
「正義の味方ゴッコ」
の「次の標的」を探す
だけ、というふうに。


そうした傾向に対する違和感
はもともとあったのだけれど、

それと
社会における日本人の
振る舞いとを
結びつけて考えたことは
それまで無かった。

社会における振る舞い、
というのは例えば、

会社で会議を開いても、
誰も決めようとしない、
責任を取ろうとしない 。

「みんなで決めた」
「その場の空気が決めた」
それも
「仕方なく決めた」
「他に方法がないから」
という言い訳つき。

というようなことだ。

その背景にある理由が、
その時、わかった気がした。

・ ・ ・

前置きが長くなったが、
そんな気づきがあったからこそ、

今年の終戦の日には、
「特攻の生みの親」として
槍玉に挙げられることも多い、

大西瀧治郎についての
本を読むことにした。

ほんとうは
「特攻の生みの親」は
他にいるはず。

もちろん、個人ではなく、
特攻というものを生んだ
背景であり、構造だ。

その背景や構造は、
もしかしたら今でも
変わらないかもしれない。

だとしたら、
それをひとりの軍人に背負わせて、

あるいは「戦前の日本」という
まるで今の日本とは非連続な
何かの「怪物」を仕立てて背負わせて

表面上だけ片付けてしまうことは、
実はとても、危険なことだ。

実際に体験することは出来ないけれど、
なるべく演出なしで
生の事実に近いことを知りたい。

そう思って、今回は、
ジャーナリズムに近い人が書いた
作品を読むことにした。

(過去に大西瀧治郎に関する
映画を見たことはあったけれど)




・ ・ ・

読みながら、
色々と感じることがある。

この悲劇は現代も起こりうる。

特定の個人にも、
戦前の日本人という記号にも、

全ての罪を着せて
片付けることは出来ない。

この本に流れている時間の
72年後に、今がある。

この本に登場する人物の孫やひ孫は、
今、私の横にいる人かもしれない。

すべては、繋がっている。
 
・ ・ ・ 

最後になりましたが、
戦争で亡くなられた方々の
ご冥福をお祈りします。

また、当時、子供や孫の世代、
つまりは現代の僕たちの世代
のことを想って、
 
全力で行動して下さった、
全ての方々に、
改めて深く感謝を申し上げます。