初めての決算について書く!
と予告したものの、

実は書くべきことが
殆ど無いことに気づいた。。

 
正直なところ、
初年度の経理については
もろもろお任せしていて、

大きな声では言えないが

自分の会社の売上を
決算書で知ったくらいだ。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

独立すると、他人から
目標が与えられなくなる。

私の場合は、
しばらく諸国を漫遊するつもりで
当初は働く気がなかったので

目標など無かったが、

本当は、ちゃんと決めた方が
良いと思う。(おまゆう)

でも一方で、
(※ここから先の考え方は
人それぞれですが、)

目標のために嫌なことをする
必要もないと思う。
せっかく、会社を辞めたんだし!!

好きなことだけ、やればいい。
やりたいことだけ、やればいい。

ただ、決算は成績表。

それは真摯に受け止めるべき。

好き放題やって、
売上が小さい・伸びない・
儲からないのなら、

そのことを好きでいる
資格さえも、無いと思う。

全力でやって、結果が出ないなら、
神さまから
「向いてないよ」
と言われているのと同じ、
そう思います。

もちろん、
全力で取組むのは当たり前。
その上での話。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

とにかく全力でやってみて、
世の中からの判定を受ける。

始めたばっかりの段階で
あまりこまめに成績を
チェックしても、仕方がない。

成績は適度な頻度で見る。

前月より努力した自信が無いのに
成績表ばかり眺めていても
成績が良くなっているわけがない。

会社員をしていると
「今月は、前月比・・でした」
というような
「実況中継」のような
報告を聞くことがあるが、

そうした報告を耳にすると、
(報告している本人は、
一体、どういう
期待値だったのだろうか?)
と不思議に思う。

会社を辞めてまで
そんなことをやっていたら、
最悪だ。

そうではなく、

「今月は大成功だったから、
いい点数のはず」

「今月は反省点だらけ
だったから、
できれば点数は見たくない」

という気持ちでやるのがいい。

というわけで、

最初の半年くらいは、
全力疾走して、

走りきってから記録を確認する、
というのがオススメです。
(自分を正当化しています)

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

なお、今は割と細かく
収支管理しています。

建て替えている金額が大きくなって、
キャッシュの管理をしないと
危険な状態になったのと、
(次回は、初めての融資!編)

だんだん自分ひとりの
問題ではなくなってきたため。

(お客さまや関わっている
メンバーの数が増えたので、
万一間違いがあって誰かに
迷惑がかかってはいけない)


半年前は、税理士の先生に

「今月の売上はいくらですか?」
と聞かれても

「わかりません。
先月っていくらですか?」

と聞き返していた状態だったが、

今は先月の売上と
プロジェクト利益
(限界利益のような、何か)
を把握している。

かなりの進歩だ。


なんとなく、目標もできた。

去年の目標が後付けで
「年収アップ」だったとしたら、

今年は「ひと桁成長」。
ひと桁増やす!(今、決めた)

某社で学んだ
「高い目標を立てる力」(力?)
をいかんなく発揮してみた。

某社で学んだ
「帳尻合わせる力」が
発揮されるか? は知りません。


未達でも誰にも怒られないもんねー!


嘘です。叱って下さい。




※特定のやり方だけを勧めるものではありません。業態と状況にもよります。読者の皆様の判断で行動して下さい。当ブログを読んで発生したいかなる損害にも責任は負いません。