やっぱり「目標達成したか?」が
「何となく達成した気がする」
じゃあ、困るわけですよね。

ブーメランを承知で
私自身のことについて言えば
年初に立てた目標が、

1・仲間の数を3倍にする
2・エンテック社※の価値を高める
3・最強のインターン集団をつくる

※エンテック社=昨年設立した新会社

だとしたら、本来は
それに対するKPIが
明確でないといけない。

そうじゃないと、
サボってしまいます。
少なくとも私の場合は。

例えば、1.だとすると、
<発注先アソシエイトのUU>
(重複ナシの頭数)と、
<アソシエイト発注金額>。

KPIは本来はひとつが
シンプルで良いのですが、

当社の構造として、
週1のアソシエイトが10人いる、
みたいな感じで運営されているため、

私が目標を無理やり達成する
「粉飾」を防ぐために、
サブのKPIも、
設定せざるをえません。笑


2.については、そのまま
<企業価値>。
これはシンプルで良いですね。


3.はいくつか選択肢がありますが、
例えば、
<Billableなインターンの人月数>

インターンの活動のうち
お客さまから本当に
お金をいただけている時間数
は重要なKPIだと思います。

もう少し彼ら目線に立って、
「時給」
にしても良いかもしれませんが、
時給の最大値なのか平均なのか
中央値なのか、
統計的な把握が難しそうなので。

学習塾のように
「(就活時)の内定数」
などとしても良いのですが、
それにはもう少し、
期間が必要ですね。

・・とまあ、

こんな感じで、
KPIを決めましょう!

ちなみに、
こうやって改めて考えてみると、
KPIはサボれなくする
のにも有効ですが、

何を優先した運営にするのか、
思想も現れますね。

日本語は大変美しい言語
ですので
両論併記した玉虫色の
スローガン
もいいですが、

その分、数字と併用すると
いい感じな気がします。




※本来は年初に決めるのが正しいです。
※振返りをする段になってから考えてはいけません。