3行で振返る私の2017年

・サクラス事業の組織化
・エンテック社アプリのβ版完成
「成果を出す」教育への挑戦

🌸 🌸 🌸

このうち、
「サクラス事業の組織化」
について。

昨年に比べて、
プロ集団による組織的な顧客支援
ができるようになりました。

コンサル事業と
エージェンシー事業
それぞれですが、

コンサル事業の方は、
元外コンのプロ集団による新規事業企画・推進

エージェンシー事業の方は、
元ウェブ専業代理店のプロ集団による運用

というように。

こうした仲間に恵まれたことは
お客さまからいただく仕事が
魅力的だったことは勿論ですが、

「働き方改革」の追い風
もあったように思います。

🌸

また、組織化に伴って
なんとなくですが、
文化のようなもの

も生まれた気もします。

スキルも大切ですが
お互い一緒に働く仲間としたら
長い目で見ると
文化的な合致性も大切ですよね。

毎日顔を合わせて
正社員がたくさんいる組織
ではない、分、

文化に限らず、
目に見えない結びつきが
大切になってくる気がします。

🌸

それから、
「組織化」からは少し
脱線するかもしれませんが、

2017年は、財務面でも
ある程度「会社」化できた
一年だったと思います。

というのも、特に
エージェンシー事業においては、

一時的に広告費を立替えられる
だけの資金力が必要です。

昨年はちょっとそのあたり
心もとなかったですが、
今年はだいぶ安心できるように
なりまして、

広告市場においてSNS広告
すっかり「定番化」するような
トレンドにおいて、

お客さんの会社を
全面支援することができた
と思います。

(つまり、
お金が立替えられないから
お仕事を断る、
ということが無くて
良かったなーと思います)

🌸

というわけで、

総括をしてみたところ、
「ヒト・モノ・カネという
経営資源と向き合う」という、

経営の大変初歩的なところに
留まっているような?

不安もあるのですが、

組織や財務の面で
パワーアップできた一年だった
ということは、

その分責任が増えた、
ということでもあると思いますので、

来年はその責任をしっかり果たして、
社会に対してより一層の恩返し
ができるようになりたいと思います。

🌸

もちろん
責任をしっかり果たすのは
当たり前なので

ヒトであれば、
働き方改革時代に適応した
社員ゼロ・事務所ナシの
人事制度に挑戦していたように、

おカネのところでも
これまでにない
借入・資本政策に挑戦するなど、

それぞれで、
今の時代ならではの
新しい取組みができるよう、

来年も最前線で「挑戦する」
姿勢は失わないように
やっていきたいと思います。

引き続きのご指導を、宜しくお願いいたします!!