イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

哲学・思想

全国の長男長女の方々へ

終戦(敗戦)から今日で68年。

酔っ払ってブグを書くのは苦手で
つい筆を滑らせてしまうかもしれないし、

以前書いたこととカブっているところも
多いかもしれないのだけれど、

どうしても、今日という日に書きたくて、
色々至らない点があっても
ご容赦いただきたい。 


といっても、
歴史観がどうのというような話じゃない。 

全国の長男長女の方に、ただ言いたい。

『後ろ向きに前向きな生き方』

もあるかもよ、ということを。


私が過去ばかりを振り返る
後ろ向きな人間で、

全然未来を見ていないってことは
前にも白状したかもしれない。


それからこれを
B型のせいにするつもりはないし
自分ではそんなつもりはないけれど

自分大好きな傾向が
ひとよりちょびっとだけ多いって
うっすら思われているかもしれない。


そんな自分のいち例なので、

勿論、全国の長男長女の方
ぜんいんには
当てはまらないかもしれない。

その前提で。



私の場合は、


それまで積み上げてきた
自分の過去を裏切りたくない

とか

家族とかお客さんとか
周りの期待を裏切りたくない

とか、

・・・・・・したくないってことが
大きなモチベーション。


これって、とっても後ろ向き
ですよね。

でも、その圧力を
跳ね返そう、乗り越えよう
とすることが、

大きなモチベーションになってる
という点では、

ある意味前向きだと思う。


その延長線上で、

自分という存在を、
例えば「日本人」という共同体
まで広げて、

自分の過去を
日本の過去にまで伸ばして
考えてみると、


戦争を乗り越えて、

開戦よりも苦しい終戦の判断をし、
それを受け入れて、

この国を建て直して下さった

偉大な先輩方に感謝することは

過去の自分に感謝することや
自分に期待してくれる周囲に
感謝することと同じくらい、

大きなエネルギーになる。


共同体の単位は別に、

日本でなくとも、母校でも、
家族でも、地球でも、

何でも人それぞれでいい
と思う。


こんな風に、

圧力を活力にして

後ろを向いて前に進む
背面走行のようなスタイルは、


特に長男や長女の方には
少しはご理解をいただけ
るのではないか?

と思う。



そういう観点から、
この日このタイミングなので、

ご興味があれば
こちらをオススメします。

まずは、終戦の詔勅。

終戦の詔勅(玉音放送)口語訳

※ちょうど、はてブ人気で
フィードされてきていました。


それから、この映画



※本もあります。


いずれも、

とんでもなく重たいもの
背負わされます。

だが、それがいい。


先輩方が命を賭して渡してくれた
バトンを、少しでもいい形で
次に繋ごうと、

後ろ向きに気重に、

長男長女らしく、

頑張っていこうじゃないですか。



もちろん、

長男長女でなくとも、

夢の帆を上げて
新しい船を出し、

ファーストラビットになろうと、


世界ではじめてのことを
やってやろうと思っている

方々も、


世界の長男、時代の長男
かもしれませんので、

是非、
おんなじモチベーションで

背面走行で、


頑張っていきましょう!!

 

実存の相互理解による、平和な世界

イカの哲学 (集英社新書 0430)
イカの哲学 (集英社新書 0430) [新書]

読んで見た。


世の中には、それが実に単純で
当たり前の理屈でも、

言う人によってはそれが
異常な説得力を持つ
ということがある。


波多野一郎という人が記した
『イカの哲学』 という
短い物語は、
まさにそういう類のものだ。


この人は、
特攻隊に招集されたが
たまたま助かり、

シベリアに抑留され、
過酷な強制労働に耐えて
生き残り、

その後、
スタンフォード大に留学した
異色の経歴の持ち主だ。


彼は
特攻隊の出撃準備期間に
死を覚悟した時、

たったひとつ
願いが叶うとしたら、

自分の子孫を残したい

と思っている自分に気付く。

そしてそれが、随分と
本能に近い欲求であった
ことに驚く。

そして、終戦後。

スタンフォード大学への
留学時代に、

アルバイトで
食料として漁獲され加工される
イカの大群を見て、

彼は思う。

『一回の投網によって、
数万のイカに死をもたらす
とあっては、

漁師達の魚網は
これらのイカ達にとっては、
まったく一つの
原子爆弾のようなもの
であります。』

と。

自分たちが
毎日ベルトコンベアにのせていた
イカたちの生殖を、

特攻隊や原子爆弾と
少しも変わらず阻んでいることに
波多野氏が気づけたのは、

イカたちの
『実存を知り、且つ、感じること』
がきっかけだったという。

そしてそこから、波多野氏は

『相異なった社会に住む人々が
お互いの実存に触れ合うという事が
世界平和の鍵なのであります』

と展開する。

お互いのことを知ることで、
平和は訪れる
というのは、
言葉で表せば

至極当たり前なこと
なのかもしれない。

しかし、
特攻隊とシベリア抑留を経験し、
戦後はスタンフォードで
哲学を学んだ著者が、

脳梗塞を患いながらも
世に送り出したものだから

重みがある。

専門的な解釈は
同書の後半部分で、
中沢氏がバタイユの生命論
などを交えて展開しているが、

ここではひとつだけ。

その相手の

『実存を知り、且つ、感じること』
は難しいことなのではないか?

世界平和のためであれ何であれ、
相手の『実存を知り、且つ、感じる』
ためには、

自分に同様の体験、少なくとも
伝聞による追体験が必要である。

残念ながら我が国においても
戦争の記憶が薄まってきている。

戦争体験は一例だが、

いち地球市民として
誇れる判断ができるために、

相手の実存を知り、
感じることが大切だとすると、

様々な出来事や
その状況下での人々の気持ちを
知っておくことが、

大変重要である。

世界平和のために、
いっぱい追体験しよう。




 

ハイデガー「君が欲しい!俺のミューズになれ!」

恋におちた哲学者 (きゅんきゅんくる!教養)
恋におちた哲学者 (きゅんきゅんくる!教養) [単行本]


読んでみた。

それぞれが生きた時代
のせいかもしれないが、
この本によると、哲学者たちは
恋愛も普通じゃない。
 
教え子と不倫したハイデガー
契約結婚を望んだサルトル
三角関係のまま同居したニーチェ、
恋人がいてもヤリ●ンな生活
を続けたバタイユ、

性交をしないことを条件に
結婚を申し込んだ
ヴィトゲンシュタイン、
患者と不倫したユング、
4度結婚したラッセル、
同性愛のフーコーと、

バラエティに富んでいる。

 ★ ★ ★

様々なエピソードを通じて
感じたことは、

(彼らの恋愛は、
現代の我々の社会通念上は
色々と問題な点も多いものの)

彼らの恋愛体験は、
彼らの哲学の血肉となっている
ということ。

キルケゴールは
「(自分の)婚約破棄の
秘密を知るものは
私の全思想の
秘密を知るものである」
と認めていたようだし、

ユングの提唱する
概念の一部は
彼の恋愛体験の影響を
受けているのではと
推察される。

哲学や思想は、どうしても
恋愛体験の「影響を免れない」
と言った方が良いのかもしれないが、

多くはそれぞれの哲学の形成に
プラスの影響を与えている
ように感じる。

(※それでダメになった人は歴史に
残らないからかもしれないが)

 ★ ★ ★

また、パートナーが彼らの哲学に
プラスの影響を与えたように、

パートナーも彼らから
大いに影響を受けて、

だからこそ、
それぞれが名を残している
のではないのだろうか。

ハイデガーの不倫相手、
ハンナ・アーレントは
後にアメリカで哲学者として活躍、

サルトルの契約結婚の相手、
ポーヴォワールは有名作家に、

ユングの不倫相手、
ザビーナは精神分析家として
名を残している。

(「不倫」が良いかはともかくとして)

才能が才能を引き寄せて、
相互に触発され、

相乗効果を生んでいるような
彼らの関係には憧れる。

活躍して有名になったから、
いいパートナーを選べる

のではなく、

いいパートナーに巡り合ったから、
お互いが活躍するような、

そんな関係――。

 ★ ★ ★

なお、私の推しメンである
スピノザ先生は20歳の時に
9歳の少女に恋したようだ。。。

そして、その経験を活かしてか
『エチカ』(スピノザの代表著作)
の一部では愛や嫉妬についての
記載があるという。。。

そ、それは恋じゃないような。。。


哲ちゃんへの道―ちょっと哲学をかじるのにお薦めの本、5冊を厳選!

ずっと前にも少し紹介したのだけれど、

「ちょっと“哲学”をかじってみたい
という方にお薦めの本が
いくつかある。

今回はそのアップデートと、
ひとつひとつの本について、
もう少し説明するので、

是非この機会にどれか
読んでみては如何でしょう?

どれもエントリー向けである。

 ★ 1 ★ 

プチ哲学 (中公文庫)
プチ哲学 (中公文庫) [文庫]

ほのぼのするイラストが
ページのほとんどを占め
「絵本」といっても良い。

え?これが哲学?
って感じでとっつきやすく、でも深い。

哲学そのものへ関心をもつ
きっかけとなる書



 ★ 2 ★ 

新装版 ソフィーの世界 上―哲学者からの不思議な手紙
新装版 ソフィーの世界 上―哲学者からの不思議な手紙 [単行本(ソフトカバー)]

少女が哲学の広義を
受ける形をとっており、

著名な哲学者の哲学が
わかりやすい言葉で
説明される。

上下巻に分かれていて
それなりにボリュームはあるが、

ちょっと哲学に関心のある人が
哲学とは何かを知るのに最適


 ★ 3 ★ 

萌える☆哲学入門 ~古代ギリシア哲学から現代思想まで~
萌える☆哲学入門 ~古代ギリシア哲学から現代思想まで~ [単行本(ソフトカバー)]

萌えを期待して買うと
がっかりすることになるが、

著名な哲学者の哲学が
ひとり見開き2ページに
コンパクトにまとまっていて、

とにかく見やすい。
トイレに置いておくと、
トイレに行くたびに賢くなる。

隙間時間に少しずつ
色々な哲学を知りたい、
忙しい人に最適



 ★ 4 ★ 

恋におちた哲学者 (きゅんきゅんくる!教養)
恋におちた哲学者 (きゅんきゅんくる!教養) [単行本]

こっちの本は逆に、
哲学を期待して買うと
ちょっと拍子抜けしてしまうだろう。

その代わり、
事実をベースにした哲学者の
恋愛が漫画で描かれており、

これはこれで面白い。

乙女ゲーで
クールで知的なドSキャラを
選んでしまうあなたは買い
だ!

哲学者の人となりをきっかけに
その人の哲学を掘り下げるのも
いいかもしれない。


 ★ 5 ★ 

史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK)
史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK) [ムック]

板垣恵介先生のイラストが目を引き、
内部のページのデザインも
色々とオシャレな本。

「真理」や「存在」といった
4つのテーマに従って、
著名な哲学者の哲学が
紹介されている点が特徴。

哲学者ひとりにつき、
4~8ページくらいなので、

寝る前にちょっとずつ読んで、
自分でもそのテーマを
考えているうちに寝ちゃう、


という読み方がオススメ。
これで独りでもぐっすりだ。


 ★ 番外 ★  

僕とツンデレとハイデガー
僕とツンデレとハイデガー [単行本(ソフトカバー)]

この本は見た目と設定の割に
中々硬派だ。

なので、
エントリー向けの本
をテーマにした今回は外したが、

今日は1日哲学読むぜ!

って時にはいい。


 ★ ★ ★

また機会があれば、
個別の本の詳しい中身に触れて
それらを受けての
考えなども述べたい。

「ちょっと“哲学”をかじってみたい
という方がいたら、
是非、どれか読んでみて下さい!


『社長は少しバカがいい』

社長は少しバカがいい。~乱世を生き抜くリーダーの鉄則
社長は少しバカがいい。~乱世を生き抜くリーダーの鉄則 [単行本(ソフトカバー)]


読んでみた。 

以下、引用部分は特に注記ない限り
本書からの引用。

社長にとって、最後に頼りになるのは自分の直感なんだ
ホラも本気で吹けば、現実になる


コンサルの真逆。

直感というのは
理屈に比べたら
比較的経験がものをいうので

若い経営者にとっては、
認めたくない要素かもしれない。

でも、社会に出る前の経験が
血肉になっているかで大分違う。

社会人歴10年でも、
人生30年分をフル活用できていれば、
社会人歴30年しか活用できていない人に

勝てる。

どれだけ血肉にできているかの
インプット・アウトプット効率が
人によってそれぞれ10倍
つまり、かけあわせて
最大100倍違うとしたら

時間は誤差みたいなもんだ。

だから経験じゃない。

私は
どれだけ自分らしい人生を
選択し続けているかだと思う。

自分らしい人生、
一本筋の通った人生を
自然体で歩み続けている人は、

人生の全部が血肉となって
目の前の成果に活きる。

誰よりもその領域では
直感が

当たる。


また、同書では、
リーダーの器というものを
考えさせられた。

大将が元気でニコニコして、平気な顔をしてたら、たいていはうまくいくんだ

リーダーシップの形は
ひとつでは無いと思うが、 

泰然自若は必須と感じる

思えば私自身、

その時々で師事してきた
リーダーの安定感に救われた
ということが少なくない。

これは自分が逆の立場になって
実際にやろうとしたら
もの凄く難しいことだ。

ぶれないこと。

そういえば、
秋元康先生の

止まっている時計は1日に2度、正しい時間を示す

という言葉は有名だ。


ぶれないことが、
正解よりも大事なことは
実は多い。


これもコンサル時代には
想像もしなかったことだ。


理屈と言うのは、
いろいろな組み立て方が可能だ。 

前提が変われば結論も変わる。

直感が大事というのも、
実はそういうことなのかもしれない。 

理屈じゃなく、
はじめっから、自分が信じた道を進む。

信じたのだから、最後までやり抜く。 


この本は、

理屈の世界からやってきた私にとっては
とても刺激的な本だった。

これをアンチテーゼとして
新しいステージに進んでゆきたい。


5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ