イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

ネット・デジタル

YouTubeに投稿を始めてみた結果・・・

  • 先月から、YouTubeに投稿を始めました
  • キッカケは、ユーチューバーのインターン生が加入したこと
  • 出役もインターン生たちにお願いすることにして、始めてみました

  • 「ナイトプール」なんかもそうでしたが、「インスタ映え」が流行語になったように、2017年はインスタが注目された年でした
  • しかし、その影で着々と影響力を増しているのが実はYouTubeです
  • 「フィッシャーズ」がJCJK流行語にランクインしていたように、視聴者層が小学生からその上の層に持ち上がってきています

  • というわけで、たいぶ遅ればせながら始めてみたYouTubeですが、出演も編集もインターン生任せとなってしまってる代わりに、少しですが裏側で「大人力」を発揮しておくことにしました(出遅れた分の時間を買うくらいの感覚で)

  • 具体的には、以下の3段階です。
  • まず、企画段階で、きちんとターゲットを決めておくことです。それも、ある程度こだわりを持った「コアなファン」に狙いを定めます
  • そして、制作段階で、その層が「参加してくれる」ような余白をつくる
  • 後はその層に「ピンポイント」で露出するだけです(宣伝)

  • 結果として、4本目にして公開した動画の再生回数が10万回を突破しました

  • この動画では、スカイラインGT-Rという、世代によっては大変懐かしいスポーツカーのファンをターゲットにしています
  • 私の父もこの車が好きで、学生時代に父の車を峠で廃車にしたことは今でもいい思い出です大変反省しております。
  • 今回は、年末の会食で取引先の偉い方がやはり「この車のファンだ」とお話しして下さったことが制作のキッカケとなりました

  • 動画の内容については、狙いを定めたコアな層が「参加してくれる」余白があることが重要です
  • 今回の動画でいうと、編集があがってきた時点で色々と気づくことがありましたが、あえてそのままにした箇所がかなりあります(「スーパーカー」「レース用の車」という表現や、サムネイルでナンバーにモザイクがかかってない、など)
  • 実際に動画についたコメントを見て、完璧な動画を投稿するよりも、視聴者にコメントしてもらう余白が大事だと改めて感じました。

  • 演出は、正直ユーチューバーのインターンにお任せです
  • ただ「大人力」の発揮という面では、少しばかりの制作費を投じて素材に「本物」を用意することがポイントだと思います
  • 今回の動画でいうと、実際にR35GT-Rを借りるということと、それを東大自動車部の子に運転してもらう、というようなところです

  • 宣伝は、ここは今の時代ならではですが、少額の広告費をYouTubeに支払うことで、自分の知り合い以外にも作品を見せることができます
  • ここでのポイントは、見せたい相手に「だけ」見せることができるということです
  • 昔であれば、どこかに枠を買って、「広告の前を1万人が通り過ぎで、そのうち100人が見てくれたら、その中で5人くらいが商品のターゲット・・・」という具合(この場合、ターゲットの含有率は0.05%)だったのが、今はこの「5人だけ」を直接指定できるのです。
  • アドテクノロジーの進化によって、広告主にとってターゲットあたりのコストは下がり(上記の例であれば2000倍効率が良いことになります)、消費者にとっても明らかに自分と無関係な広告が表示されなくなります

  • 今回の動画では、スカイラインGT-Rに興味がある人だけに動画を見てもらいます
  • どうしてそういう人が特定できるかというと、普段皆さんがgoogleやYouTubeの検索欄に入れているキーワードや見ている動画の傾向が、全て記録されているからです
  • 動画の企画段階で、コアなファンがいる題材を選ぶのも、上記のようなテクノロジーの進化があるからこそです
  • 今回も、GT-Rが大好きな人たちが見てくれたからこそ、コメント欄が炎上した盛り上がったのだと思います。

  • お気づきの通り、金額的には大した「大人力」ではありません。個人が出せる範囲です。
  • 少しの金額で、個人であっても思ったことが実現できるのがインターネットのいいところです。
  • ただ勘違いしてはいけないのは、工夫次第で「少し」のお金でもできる、というだけで、タダではありません

  • インターネットというと、シンデレラストーリーが取り上げられがちで、「弱者の見方」と思われることもありますが、実際は、「強者の見方」という面と、両面があります
  • インターネットという広大な空間で、根性だけで作品を発表するようなことは、砂漠に水を撒くようなものです
  • 戦略と資本が両方重要です

  • 以上、ご参考までにここまでの取組みを共有させていただきました
  • まだまだ「やりながらわかる」ことも多いと思います。
  • 正直、コメント欄の荒れ具合を含むYouTube独特の文化などは、知識では知っていましたが実際に肌で感じるとなると、全く異なるものでした。

  • 勿論、動画の内容もまだまだです。これからなるべく毎週更新して、だんだんと良くしていきますので、温かい目で見守って下さい (^^;


明日、マンガディベロッパーズカンファレンスに登壇します!



エブリスタ時代からお世話になっている
トキワ荘プロジェクトの菊池さんが
「マンガディベロッパーズカンファレンス
(以下、MDC)」を始められました。

漫画家の方々への支援をされてきた
菊池さんが今回、
こちらのMDCを創始された経緯を伺うと、

ある時、
「これ以上、食えない漫画家を
増やしてどうするのか?」という
趣旨のことを問われたこともあったそうで、

面白い漫画が生まれるように
していくことと、
それをお金にしていく取組みとは
車の両輪で、

今回は、その後者のほうにも
取組まれることを決意された、
ということでした。

製販両輪が重要というのは
私もまさにその通りだと
感じているところでして、

折しも私自身、
5年向き合ってきたエブリスタを離れ
社外の空気に半年ほど触れた
ちょうどいいタイミングかと
思ったこともあり、

尊敬する菊池さんの新たな取組みの
栄えあるトップバッターを
大変僭越ながら
やらせていただくことになりました。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

上記のような
菊池さんの思いを受けて、

また、私自身の思うところも
多少含めまして、

当日はこんなことを
お話できたらと思います。


1. エブリスタでできたこと、できなかったこと

2. 私が考える編集者(プロデューサー)の役割

3. 私が考える出版社の役割 〜伝統的メディアの現場から

おまけ. 日本のコンテンツと世界 〜退任後、10ヶ国ほど周ってみて感じたこと


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

エブリスタでは
作家の皆さんや作品、
周りの方々に恵まれたおかげで、

大変貴重な景色を一緒に
見せていただきました。 

その後の半年、
海外やコンサルを通じて
感じたことを皆さんと共有し、

当日は有意義な議論ができましたら
幸いです。 

私のような若造が甚だ僭越ですが、
宜しくお願いします!

 

【悲報】iPhone6S(サクラスピンク)割れました

ちーん。

iPhone6S(サクラスピンク)の
画面が割れました。

image


ま、まあ・・・、

このサクラスピンクも
そろそろ持っている人も増えていたし、

「もう割ってる!」くらいの方が
最先端でいいかな。


・・・いいわけないでごわす!


タイトルで
説明は全て終わってるんですが、

後に続く被害者を一人でも減らすために、
悲しい感情を押し殺して、筆を執ります!

多分これを読んでいる殆どの人が、

「自分は100万回くらい落としているけど
ヒビひとつ入ったことがないから大丈夫」

と思っていると思います。

私もそう思ってました

しかし!

iPhoneは、
ひょんなことから、突然割れるんです。

それは、

ケースを変えた時です。


原因は今も調査中ですが、
どうもケースにあるようなんです。


これが今回割れていた時に
つけていたケース。

せっかく、
サクラスピンクにしたのだからと
透明なケースです。

何がいけないか、わかりますか?
 

ガラスの「縁」が露出しているんです。


iPhoneの液晶を覆うガラスは、どうも
「縁」に硬いものが当たった時
(縁の部分から落ちた時)に、

ヒビが入ることが多いみたいです。
 
つまり、せっかくカバーを買っても、
こんな風に縁が出ていたら何の意味もない。



こういう風にガラスの縁の部分まで
覆ってくれるカバーを買うべきです。

これで、大丈夫。

たぶんね。


あと、もう一つお伝えします。

iPhoneのガラスを割る人というのは
後を絶たないようなので、
こんなサービスがあって便利です。


T井さんに教えてもらいました。

が、

5-6件ほど電話をかけましたが、

「部品がまだ入ってない」
とのことから、

iPhone6Sは未対応
のようです。

というわけで
3万円台の修理代がかかります。

ちなみに、私は
しばらくヒビ割れたまま
使うことにしました。


皆さんは気をつけてくださいね!

 

C2Cの時代におけるカスタマーサポートの重要性

以前、Amazonの顧客対応が
素晴らしかったことは
このブログでも書きました。 

滅多にないことですし、
そもそも、やたらと
トラブルがあっては
いけないのですが、

もしもの時の対応で、
会社の姿勢がわかるというのは
良く言われることです。 

でもこの先、
シェアリングエコノミーやら
オンデマンドサービスやら、

巷で言われているような志向の
サービスが増えていくのだとすると、 

トラブルをゼロにするというよりも、
トラブルがあってもすぐに
解決できることを前提に

いかに優れた体制や仕組み、
オペレーションを設計し
運用できるかというところが、

企業の競争力に直結してくる
かもしれないぞ、と思いました。

卑近な例でいいますと、
とても個人的な話ですが、

家事代行の某アプリを使った時には

候補者の(個人の)方から
びっくりするような連絡がきて、

キャンセルしたいけどお金は
支払われてしまっているし、
どうしよう・・・

とか、

某カーシェアリングのアプリを
使った時には

何気なく押したボタンで
「キャンセル料は3,000円です」
とかいう表示が出たりとか、

新しいアプリ・サービスを
色々試していると、

それなりに色んな事件が
起こったりするもので、

それ自体は、起きるのは
仕方ないことだと思うんです。

(私の過失もゼロじゃないですし)

でも、
某家事代行にしても、
某カーシェアリングにしても、

一応、泣き寝入りせずに
心を外人にして?
必死に問合わせれば、

仏のように対応してくれます。
スピードも迅速でした。

トラブルを起こさない、
という以上に
起きた時の対応、

これが大事。

なお、一番いいなーと思ったのは、
さすがのレアジョブで、

別に私の場合、レアジョブで
何のトラブルも起きてないのですが、

トラブルがなくても、
問合せの動線がたくさんある。

使ってて凄い安心でした。

そもそも初回「お試し」では
恐らく特定のレベル以上の
先生が対応してくれるような
仕組みになっているようで、

トラブル自体の発生確率も
きっと低く抑えられてるのでしょう、
ということがわかる安心感でした。

こういう安心感って
当たり前のことなんですけど、

私も運営側だったので
わかるのですが、

提供者の理屈に立つと
なかなか難しいことでもあります。

とはいえ、
自分が使う側だったとして、

いつの間にか課金されていて、

問合せ先が
死ぬほどわかりにくくなっている

なーんていう

アダルトサイトみたいな
サービス絶対イヤですよね。

どもそういうサービスも、
まだまだ存在します。

自分が始めるときには、
このへん、
しっかりしないとなー!

と改めて思いました。


おわり!

 

インド人に会社ホームページを直してもらいました

サクラスの会社ホームページを
少しリニューアルしました。

http://sakuras.tokyo

もともと
トップページしかなかったところ、

(非常に簡素なものですが)
第二階層以降のページも

表示されるようにしました。

そのためには、
Tumblrのテンプレートを
ソースコードレベルで
いじる必要があって、

勉強するのがいやだから
面倒だから
ちょっと敬遠していたのですが、

そんなときこそ、
クラウドソーシング!

ということで、



今回は、クラウドワークスさん
だけでなく、

海外サイトでも
募集させていただいておりました。

その結果をレポートします。


クラウドワークスでは、
4件の応募があり、
8.6万円〜43万円。

海外サイトは
UpworkとElanceの2つに
登録したのですが、

Upworkのほうは、
確か3-4名ほど応募があった
はずなのですが、
もう記録が残っておらず、、、。

Elanceのほうの実績を
ご紹介します。

Elanceのほうでは、
5ドル払った結果、
9件の応募があり、

うち6件がインドから。

ほか、
アメリカ、ルーマニア、
パキスタン。

値段は
$100〜$400とまちまち。

結局、
一番安い$100を提示してくれた
インドの方にお願いしてみることに
しました!

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

その結果・・・

1日で出来上がりました。

品質はというと、
100ドルなら十分OK
なレベルと思います。

もちろん、
言ったことしかやってくれませんし、

日本人のように
気をきかせてくれたりする
こともありませんが、

要件定義とチェックが
しっかりできて、

何でも言われたことを
鵜呑みにせず

こちらとして主張すべきことは
淡々と主張できる
メンタリティがあるなら、

おすすめです!

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

なお、今回はたまたま
その後事故りまして、

結局自らソースコードを
いじくりたおすことに・・・

直してはくれませんでしたが、
すぐ連絡が取れるのは好印象。



所得格差の小さい日本では
クラウドソーシングの凄さを
体験できることは少ないですが、

言語によらない
システム系のお仕事だったりすると
色々できそうです。

またお願いしたいと思います。

5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ