イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

クラウドソーシング

インド人に会社ホームページを直してもらいました

サクラスの会社ホームページを
少しリニューアルしました。

http://sakuras.tokyo

もともと
トップページしかなかったところ、

(非常に簡素なものですが)
第二階層以降のページも

表示されるようにしました。

そのためには、
Tumblrのテンプレートを
ソースコードレベルで
いじる必要があって、

勉強するのがいやだから
面倒だから
ちょっと敬遠していたのですが、

そんなときこそ、
クラウドソーシング!

ということで、



今回は、クラウドワークスさん
だけでなく、

海外サイトでも
募集させていただいておりました。

その結果をレポートします。


クラウドワークスでは、
4件の応募があり、
8.6万円〜43万円。

海外サイトは
UpworkとElanceの2つに
登録したのですが、

Upworkのほうは、
確か3-4名ほど応募があった
はずなのですが、
もう記録が残っておらず、、、。

Elanceのほうの実績を
ご紹介します。

Elanceのほうでは、
5ドル払った結果、
9件の応募があり、

うち6件がインドから。

ほか、
アメリカ、ルーマニア、
パキスタン。

値段は
$100〜$400とまちまち。

結局、
一番安い$100を提示してくれた
インドの方にお願いしてみることに
しました!

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

その結果・・・

1日で出来上がりました。

品質はというと、
100ドルなら十分OK
なレベルと思います。

もちろん、
言ったことしかやってくれませんし、

日本人のように
気をきかせてくれたりする
こともありませんが、

要件定義とチェックが
しっかりできて、

何でも言われたことを
鵜呑みにせず

こちらとして主張すべきことは
淡々と主張できる
メンタリティがあるなら、

おすすめです!

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

なお、今回はたまたま
その後事故りまして、

結局自らソースコードを
いじくりたおすことに・・・

直してはくれませんでしたが、
すぐ連絡が取れるのは好印象。



所得格差の小さい日本では
クラウドソーシングの凄さを
体験できることは少ないですが、

言語によらない
システム系のお仕事だったりすると
色々できそうです。

またお願いしたいと思います。

海外のクラウドソーシングサイトにも登録してみたところ・・・

バンコクに半日足止めをくった
副産物?として、
ホームページづくりを再開しました。

といってもこれ以上は自分では
つくれない領域になってきたため、

クラウドソーシングを使って、
やってくれる方を募集しました。

















今回は、ウェブサイトの
デザインとコーディング
ということで、

初めて海外の
クラウドソーシングサービスにも
登録してみました。

天才インド人エンジニアが
一瞬で完成させてくれました!

・・・みたいなことに
なるのかならないのか、

ちょっと楽しみです。

もちろん、
不安も結構ありますけど

UberやらAirbnbやら
他のサービスでの経験上、

10人が評価して満点!
みたいな場合に

意外と日本人よりも
サービスが良かったりする
場合もあるので

ネットの評価の仕組み
というものに
最近はそれなりの信頼を
寄せてたりします。
 
日本の方にするか
海外の方にするか、

いずれにしても
今後の展開をまたここで
ご報告します。

お楽しみに^^ 

 
5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ