「サクラスキッチン」
を始めることにしました。

これまで「サクラス会」として
実施してきたものをコンパクトにして
「毎週」開催するというもので、

サクラスメンバーが
手料理を振る舞います。




34


サクラスは、
  • 全員が兼業、パートタイム
  • 事務所を持たない会社
  • インターンが活躍する会社
という会社です。

このアリエナイ設定で、
「会社」として成立するのか?
今も模索中なところは多いです。

ただそれでも、
働き方改革が叫ばれている
今の我が国で、

今のサクラスの挑戦は、きっと
将来に向けて意味のあることだ、
と信じて続けてます。

そんな当社において、
普段リモートワークのメンバーが
顔を合わせるひとつの場所が
「サクラスキッチン」だと思ってます。

最強のメンバーが個別に
ただ所属したり、提携しているだけなら、
「会社」はいらないです。

メンバー間で高め合い、
協力しあい、時に競い合いといった
相乗効果があって初めて、

「会社」があることの
意味があると思います。

今回のこのキッチンが
そうした相乗効果を生むための
ひとつのキッカケになったら
と思ってます。

それから、
「サクラスキッチン」には、
もちろん、
もうひとつの重要な顔があります。

それは、お取引先に
日頃の感謝の気持ちを表し、
会議室とは違う空気のなかで、
意見交換をする場所、という顔です。

特にエンタメ関連の仕事では
会議室の外で面白い考えが生まれ、
進化することが多くあります。

そういったことから
お世話になっている方々と
お食事をご一緒することも多いのですが、
その際には、悩ましいこともあります。

それは、ひとつは、
大先輩に連れて行っていただく
機会が多いため、
どうしても「ご馳走になってしまう」
ということです。

もちろん大変有難いことなのですが、
何度もご馳走になっていると、
さすがに恐縮してしまいます。。

それから、ふたつめに、
もし仮にこちらで会食を主催することに
なった場合でも、

特にマスコミ関連の先輩方は
おいしいお店を既に知り尽くされており、
お店選びに大変工夫が必要となる、
という点があります。

こうした時に、自宅での手料理という
斜め上からの外資系?なアプローチとして、
「サクラスキッチン」を
楽しんでいただけないかと考えています。

高級レストランと少し違う
リラックスしたアットホームな場所で、
さまざまな企画の話に花を咲かせ、

これからも他にない面白い企画
ご一緒できたら・・!と思います。

サクラスではこれからも
新しいカイシャの形を探って
挑戦を続けてまいります。

引き続きご支援賜りますよう、
宜しくお願い申し上げます。