イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

スピノザ

自分の哲学・思想メモ

1. 目的
 
 
自分のために,誰かのために生きよ.
自分のためだけに生きることは,結局自分のためにならない.
自分という存在は,自分によっては保証されないからである.
 
 
 
2. セカイとは
 
セカイの中に自分がいるのではない.
自分の中にセカイがあるのだ.
 
自分も,大切な誰かも,セカイの一部である.
自分のために,誰かのために生きることで,セカイは救われる
 
 
 
3. 神とは 
 
神とは,普遍的なセカイの法則である.
セカイを救うためには,神の意志に従うことだ..
神は全知全能だからだ.
 
神の意志に従うとは,自分らしく生きることである.
なぜなら,全知全能の神があなたをそう設計したのだから.
 
 
 
4. 運命とは
 
全ての事象には理由がある.
神の意志に従って行動している限り,あなたの身に起こることは全て神の意志に従っている.
 
それが例えどんな艱難辛苦 であろうとも,あなたの運命に必要だから起こる.
そして最後には,全て辻褄が合う .
なぜなら,全知全能の神がそう設計したのだから.
 
 
 
5. 存在とは
 
存在は,必要から生まれる.
 
あなたの存在を大きくすることは,
強く見せることでも声を張り上げることでもなく,
セカイの中であなたの必要性を高めることだ.
 
必要性を高めるには,自分らしく生きることである.
なぜなら,全知全能の神がそう設計したのだから.

 

スピノザがネ申な件について(推薦図書あり)

数々の哲学者のなかでも
ぼくの一番の推しメンはスピノザだ

まず,汎神論が神すぎる

万物が自然の法則に従っていて
そのシステム全体がいわば神だなんて
神すぎる

コンサルにとって偶然は敵
必然は神 

ロジックで本質に迫る快感は
神と一体になるがゆえのものだったのか
神を感じる歓びはなにものにも代えがたい

整然とした証明体系や
神学者からの批判に対する反論など
哲学者の中でもロジカルで
(というか,もはやウザいくらい理屈っぽい) 

ロジックでタブーに切り込んじゃうところもたまらない
悪気なく無邪気に切り込んで
信仰も手段としてわりきっちゃう客観性に
オタ「おおおおおおおおおおおおおお」
 
コンサル(およびその経験者)のみなさま
ロジック で理想を語りオトナに潰されるそのピュアな姿に
既得権を守ろうとするの抵抗勢力と議論する自分の姿や
カノジョの感情を理屈で逆撫でする自分の姿を

 

このごろになって哲学SUGEEEEEEEEと思える件(推薦図書あり)

現役コンサルの頃は気づかなかったが
(というか,そんな余裕が無かったが) 
哲学はコンサル的にすごい

よくある「ロジカルシンキング」の類の本にはこんなことが書いてある 

1. 「なんのため」かを常に考えましょう
2. 「なぜ」そうなのかを何回も深堀りしましょう
3. 「だから,何」が言えるのかを考えましょう
4. 言葉の定義をよく考えましょう
5. うのみにせず本当か?疑ってみましょう

これを人生について考えてみると,例えば

1.  自分はなんのために生きるのか
2. なぜ自分は傷つくのが嫌なのか
3. 身近な事例にみる幸福の要件は何か
4. そもそも幸福とは何か
5. この目の前の机は本当に存在するのか

とかになっていくわけで
時代に因らず普遍的な部分については
既に偉人達の下地があるわけで
それらを知っておくことは大変な思考の効率化になる

哲学はロジカルで
言語を数学のように扱うコンサルとの相性は抜群
実際,17世紀のオランダの哲学者スピノザは
幾何学的に持論を展開しているし
ライプニッツやパスカルなど偉大な数学者でもあった場合も多い

そして哲学はゼロベースだ
徹底的に疑ったデカルトが有名
コンサル必須のスキルである「ロジカルシンキング」
と同様に用いられる「クリティカルシンキング」も
直訳すると「批判的思考」であり疑うことの重要性が表れていて
この点も共通している

数学や法学もゼロベースで論理的かもしれないが
どちらかといえば演繹的で
哲学は演繹的であり帰納的でもあるように思う
科学にも近いのかもしれないが
より身近な題材を扱うことができる

ゼロベースすぎて実用性が???ってなることもあるけれど
下地としてうまく活かせればすごい力を発揮しそうだ

推薦図書

ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙〈上〉
ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙〈上〉
クチコミを見る

史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK)
史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK)
クチコミを見る

萌える☆哲学入門 ~古代ギリシア哲学から現代思想まで~
萌える☆哲学入門 ~古代ギリシア哲学から現代思想まで~
クチコミを見る

5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ