イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

ダイエット

ダイエットのはなし

ダイエットというのは面白い。
その魅力に取り憑かれて
ガリガリになってしまう人
がいるのも頷ける。

🌸

ダイエットは、特に
経営者に人気があると思う。

「体質」もあるというのに
とんでもない話だが、

「太っている人は採用しない」
という差別的な発言をする
経営者までいる。

コンサルタントだったら
ダイエットの研究のために
自分の身体で色々実験していたら
太ってしまった、
ということがありそうだし、

マーケターだったら
「ぽっちゃり」が好きな人に
ターゲットを変えたり
はしそうだが、

経営者のように
ダイエットにハマったりは、
しなそうだ。

経営者は時々寂しいから、
比較的「結果は裏切らない」
ダイエットが好きなのかも
しれない。

🌸

ダイエットでは、
毎日、「体重計」
に乗ることが大事だ。

そのための努力を
何もしていなければ、

体重が減っているはずもないので
乗る必要が無いのだが

それでもそのこと自体を
改めて認識するために、

毎日乗る必要がある。

🌸

体重計に乗ると、
その日の体重が分かる。

その日の体重は、
「摂取したカロリー」と
「消費したカロリー」
が関係している。

「消費したカロリー」は、
「基礎代謝」による分と
「運動」による分がある。

専門家でないので、
厳密には多少間違っているかも
しれないが、

まあ、
「入り」と「出」があって
「帳尻」が合うかどうか、
という構造なのは、間違いない。

なお、私の場合は、
成分表示の炭水化物のグラム数
を見ている。

🌸

ダイエットというのは、基本、
そうした要素を管理していく
ことになるのだが、

最適なダイエット方法は、
「人による」ところも大きい。

だから、
こまめに方法の見直しが必要だ。

「見直し」というのは、

「今日食べすぎちゃったから
明日運動しよ」
と思った翌日に、

「運動しなくても、
食べなければいいじゃないか」
と思い直して、

やはりその翌日になって
「お腹減ったから食べよう。
後で運動すればいいか」

と都合よく
コロコロ変更することでは、
勿論、ない。


正しい見直しというのは、
何は効果があって、
何はなかったか、
を「仕分ける」ことだ。

朝ごはんを
パンから米に変えたら、
どうなったか?

蕎麦とうどんで違いはあるか?
ファミチキは食べていいのか?
ずわい蟹のシーフードサラダが
良くなかったのか?

など。

🌸

他にも書きたいことは
山ほどあるけれど、

まあつまり、

世の中の殆どのことは、
ダイエットと相似形だし、
ダイエットの延長だ。

・・という見方が
(経営者にとっては)
成立しなくもないところに、

ダイエットの魅力が
あるのだなあ、ということを
お伝えしたかったのです。

ちなみに、
私のダイエットの進捗は、
イマイチです。



「そばダイエット」で8kg減量に成功!その魅力

今年の目標のひとつは減量でした。
年初に「10%減」と目標を立てて、

2月はこんな状態↓だったわけですが、

「もう一つの目標」の状況について

その後、ちゃんと減量を続けまして、
今のところ、
こんな経過となっております!


image


8キロの減量に成功!
早くも目標達成です。
 
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

色々要因はあると思いますが、

強いてポイントを
ひとつに絞るなら、
「そば」だと思います。 

かれこれ3ヶ月以上、
(会食などを除き、
自分で食べ物を選べる場合には、)

「そば」一択
で 過ごしています。

そばも炭水化物のはずなのに、
なぜ痩せるのか?

など、
自分でもよくわからないことは
多いのですが、

結果として、痩せています。 

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

というわけで、

今日は報告ついでに
自分にとっての
「そばダイエット」の魅力
を語ります。

※感じ方には個人差があります
※効果を保証するものではありません

まず、コンビニ並の利便性

・そこらじゅうにある
・駅のホームにもあったりする
・深夜営業の店もそれなりにある
・すぐ出てきてすぐ食べ終わる
・おひとりさまOK
・安い

結果として、
習慣化しやすい。長続きしやすい

「近くにないから仕方がない」
と言い訳してやめてしまうことも
ありません。

こんなに便利なので、

「自分一人だけでいるのに
そばを食べない時」というのは、

「ダイエットを諦めた瞬間」
以外は有り得ません。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

それから、
多彩なアレンジができるところ。

温かいそばか冷たいそば
かが選べて、

かき揚げや天ぷらなどの
トッピングもいろいろです。

お店もチェーンごとに
特徴があったりして、

B型の方でも飽きません

最悪、
はなまるうどんなどの
うどんチェーンも含めれば
絶対飽きません。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

最後に、
立ち食いそばだけでなく、
高級なそばもある点。

そばもピンきりなので、

会食はもちろん、
(私には関係かりませんが)
デートの際も、
そばダイエットを続けられますね。


さあ、あなたも今日から
レッツそば!


スポーツジム選びの際に役立つかもしれない比較めいたもの

ダイエッター研究生の皆さま
就ジム活動中の皆さま

イケガミコフです。
お疲れ様です。 

実は私、
個人的に今年の目標に
掲げております、

10%の体重減
確実に達成するため、

これまでとにかく避けてきた 
スポーツジムへ通うことを
検討しております。 

その際、きっと皆さまの
ご自宅近くにもあるであろう
代表的なチェーン3系列
について、


見学・体験に行った上で
簡単に比較、
検討いたしましたので、

ご参考までに共有いたします。 

なお、私の場合、

週2回ほど通い、

サボらないよう
パーソナルトーナーの方に
見ていただく、

という条件を想定しての
比較となります。


まだラ●ザップの
お世話にはならないぜ!


定性的な所感や料金は、
店舗やトレーナーにより
異なります。

あくまでご参考程度に
とどめていただき、

実際のところは
皆さまの目でお確かめ下さい。


個人の感想です。

☆★☆★☆★☆★

1. コナミ

パーソナルトレーナーは
30分8回で24,000~35,000円。

ジムの会費が
月12,000円ほど。
(月8回までなら9500円)

併せて
月3.5万円~5万円弱ですね。

※金額は税抜。以下同様。

月5万円払ってたら、

大至急痩せないと
やばい!てなりますね。

家計的にも。

食費節約して
かえって太りそう。



平日 7:00~23:30
土祝 8:30~22:00
 8:30~18:30

体験に行きましたら、
とっても感じの良い
トレーナーの方が
親切に無料レッスンして下さり、

バッチリ、通った時の
イメージが掴めました。

ジムの器具は
一番、電子化されてて
ハイテク?でした。

営業時間長いのが
いいですね。

上上下下左右左右BA

一気にムキムキ
なったらいいのに。。。


☆★☆★☆★☆★

2. セントラル

会費は月13,000円ほど。
時間帯を限ればもっと安い。

トレーナーは
30分4000円弱。
~22時くらいまで。

平日 10:00~22:30
土日祝 ~20:00

たまたまかもしれないけど、
庶民派・地域密着
な雰囲気で、

アットホーム
な感じ。

「○○さん、奥さん先帰るって
行ってましたよー」
みたいな。

庶民派といっても、
パーソナルトレーナーと
月8-10回一緒にとなると、

やっぱり
月4-5万だけど。

ぐう。

一応、会員にならなくとも
トレーナーと契約して
その時間だけジムを使う
こともできるのは、

コナミにはないメリット。

なお、
私が行ったところは
そこまで筋トレ器具は
充実してなくて、

お父さんお母さんが
汗を流して
ジャグジーに入る感じw

営業時間の短さがネック。 
普通に働いてると来れない。。。

やはりお父さんお母さん向け?

小さいころセントラルの
プールに通ったことが
思い出される。

いまだにカナヅチなのは
申し訳ない。

トレーナー同士も仲よさげだが
部活のような雰囲気だから
馴れ合ってる感じではない。

店舗によるのかもしれないが
何となくセントラルは

どこの店舗であっても一番、
純ジャパ感じがする。

見たわけじゃないけど。

☆★☆★☆★☆★

3. エニタイム

いま、出店ラッシュで
勢いのある「黒船」。

世界に約2,700店舗あるとか。
凄いですねー。

会費は月7千円で
24時間。 

トレーナーの方は
隔週土日のみで

60分6000円~6500円。
30分メニューは無し。

シャワーや脱衣所は
かなり簡素で、

深夜は無人、
土足OKと、独特。

若者には
これくらいがいいですね。

フラっときて、
チャッチャとやって、
さっさと帰る。

家から着替えて来て、
何なら走ってきて
走って帰って、
シャワーも家で。

合理的。
リーズナブルです。

しかも、どこの店舗でも
使えちゃうそうです。

職場近くにもある人なんかは
どっちらにも行けていいですね。

いやー、
トレーナーの方が
殆どいないのが痛い!


ちゃんと自分の力で通える
若者は、ここですね。

ジム嫌い、マラソン嫌い
登山嫌い、注射嫌い
(・・・関係ない?)
な私の場合、

トレーナーがいないと
三日坊主確実!!


誰かと連れジムできるなら、

または誰かが個人的に
パーソナルトレーナー
(というか、見張り)

をしてくれるというなら、
ここに通いたい!
(他力本願)

・・・いつかはここに
通えるように頑張ります。
(なぜか狭き門みたいに)

☆★☆★☆★☆★

というわけで、

体育会系で地域密着、
昔ながらのセントラル、

ゲーム会社が母体で
マシンも電子化されていて、

セントラルよりは
ビジネス色の強いコナミ、

外資系で
全てが仕組み化されていて
もはやビジネス色すら感じない
エニタイムと、

まさに三者三様

(利用者の視点では
ありませんが、)

とりわけエニタイムの
ビジネスモデルには、

興味をそそられます。

深夜にジムを無人に
しようなんて、

もし数店舗しか
経営してなかったとしたら
絶対思わないですからね!

規模を大きくして、
確率論的に
リスクを減らすのは、

カーシェアリングなんかも
同じかもしれませんし、

身元がはっきりしていて
お互いの監視があれば
そんなに変なことは起きない、
というのは

Airbnbなんかも
そうかもしれません。

モノからサービスへ」の
王道をいく、イマドキさ。 

気持ちいいですね。

この辺り、
飲食となるとまた難しい
のかもしれませんが、

すき家さんなんかにも
ヒントになる気が
するのですが・・・。

☆★☆★☆★☆★ 

話がそれましたが、
ジム決めないとですね。

私はというと、

コナミで週2通う

か、

セントラル週1から始めて、
独り立ちしたら
(目標達成の目処がたったら)
エニタイムにシフトする

かの二択かなー
と思ってます。

あまり初期費用は高くなく、
どちらかというとランニング
の方が高いので、

まずは始めてみて、
違うと思ったら変える、
というのでいいはず。

というわけで、
行ってきまーす!

私を見張ってくれる人、
募集中です。

健康を気遣い、
ラーメンも鶏白湯に。

image

次の日も鶏白湯。
健康的!

image



↓↓↓よろしければ、是非押してください!m(__)m↓↓↓

Share (facebook) tweet Share(LINE)

↑↑↑よろしければ、是非押してください!m(__)m↑↑↑


5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ