イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

奴隷区

台湾のコミケ的イベントで奴隷区の動画配信を宣伝してきました!


「奴隷区」原作者の岡田先生と、
台湾に行ってきました。













羽田早朝発 の便だったので、
初日は24時間寝れず終いでしたが、

台湾文化を肌で感じる
最高の機会となりました。


個人的「発見」としては・・・


まず、
台湾のアニメファンの
年齢層の低さに驚きました。

所謂、大きいお兄ちゃんたちは
少なく、中高生が中心でした。

外見は日本の10代の
アニメファンよりもヲタク度が高く、
(というか、あかぬけない?)
男女比は、やや女子が多い印象。


また、今や「台湾語」は
使われていないということを
今さら知りました。。
話し言葉の大陸との違いは、
米語と英語なんだとか。

「中国に近づいたほうが、
生活は豊かになる」など

独立派と大陸派の話を聞くと、
ウクライナ問題を想起しましたが、

話し言葉が共通であれば
ウクライナとロシアの距離よりも
台湾と中国との距離は
ずっと近いのかもしれません。


いずれにしても、
イベントの人ごみの写真を
ご覧戴いてもわかる通り、

台湾は日本との文化的な相性が
アジアの中でも抜群!

おもてなしあり、秩序ありで、
日本人がすごしやすい国だと
思います。


人口は東京都+神奈川県
くらいですので、
ビジネスとしてのインパクトを
出すには工夫が必要ですが、

アジア展開の梃子にうまくできれば
その可能性は無限大だと感じました!



 

映画『奴隷区』いよいよ公開開始!!

エブリスタ作品原作の映画
「奴隷区 / 僕と23人の奴隷」
6/28に公開初日を迎えました。

原作者の岡田先生、
おめでとうございます。

「奴隷区」ファンの皆さま、
有難うございます。




















 









映画「奴隷区」完成披露試写会!!

エブリスタ発作品「奴隷区」
映画 の完成披露試写会が
行われました!!! 



















原作者の岡田先生にも
喜んでいただき、

本当に良かったです!!

今の仕事をしていて良かったと
思える瞬間です。


5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ