イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

選抜総選挙

渡辺麻友、指原莉乃に勝って念願のV!その理由とは?【まゆゆvsさっしー】【AKB選抜総選挙】

今日、AKB選抜総選挙
がありました。

現場にいたのですが、

5位、松井玲奈さんの発表を
聞いた頃から、

何だかモヤモヤと、
既視感を覚えていました。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


(このままいけば、

次は松井珠理奈さん、
柏木さん、渡辺麻友さん、
そして、指原さんの順番に、

名前を呼ばれるだろう・・・)



―強い風邪と雨が吹き付ける
味の素スタジアムには、

1年前の日産スタジアムで
感じたものと同じ「空気」が

流れている気がしました。



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


―ファンにとっては重要な
悲喜こもごもが個別には
色々あったけれど、

「大波乱」はなし。


このまま終わるのは、
ほぼ確実。


でも、


―どこか物足りない・・・


そんな感覚です。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


実際、選抜メンバーは、

私の予想と比べても、
事前に予想した16人と、
微妙に2人違ったくらいで、

もっと事情に通じた
ファンの方ならば、

全員的中させていた方も
いらしたのではないでしょうか。


―予定調和?


去年もそう思っていました。
2位の発表を聞くまでは。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

結果、今年も
2位の発表の時に
大大大サプライズ。

多くの方が指原さんV2を
予想するなか、

結果は、
渡辺麻友さん
念願の初V!


それではなぜ、
渡辺さんは指原さんに勝って

1位の座を手に入れることが
できたのでしょう?


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


ちょっと非科学的で、
嘘みたいな話ですが、

秘密は「血液型」
あると思っています。


私は、来年には渡辺さんが
1位を取るのではないか?
と思っていましたが、

少しのんびり考えすぎていた
のかもしれません。

そう思った理由が、
血液型なんです。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


前田敦子さん
から大島優子さん、
指原莉乃さんへと、

血液型で見ると、

A型からB型へ、
そして、O型へと、


覇権は移ってきました。

―ということは・・・

遅かれ早かれ、

AB型の王者誕生

待たれているようでした。

AKBグループの中で
AB型といえば、

高橋みなみさんや
生駒里奈さんもそうですが、

1位候補というところでは、
渡辺麻友さんが筆頭

だったのです。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


AからB、BからOへと
移ってきた、

AKBのセンター。 


だから次はABだ、

というのでは少し
乱暴かもしれません。 


―たまたまなんでしょうか?


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


「私のことは嫌いでも・・・」
というスピーチが有名な、 

AKBの「長女」とも言うべき
A型の前田さん。

はじめは決して自らが
その立場を希望したわけでなく、

与えられた立場と
周囲の期待

引っ張られたセンターでした。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


「前しか向かねぇ」
B型の大島さんには、

はじめから倒すべき
ライバルがいました。

チームAとチームKの
時代から、

前を走る前田さんという
ライバルに引っ張られた
センターでした。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


O型の指原さんは、

博多に移籍となった時点では、

アイドルとしてのほとんど
全てを失ったのかもしれません。

でもその後、
博多に素敵な後輩が
たくさんできました。

「プラットフォーム」としての
立場を見出した彼女は
後輩やファンに
光を当てました。

その結果、

彼女自身も予想外だったと
思いますが、

言わば「恩返し」として

その後輩やファンの方々が
彼女を引っ張って、

センターにしてしまいました。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


続くAB型の渡辺さんは、

以前からそのビジュアルが
「CG」と呼ばれるなど、

アイドルの理想として
言わば記号化された存在でした。

「会いに行けるアイドル」
AKBにあって、

全然身近に感じない
異色の存在。


圧倒的存在感を持ちながら、
後輩から「憧れの先輩」としては、
めったに名前が挙がらないほど

周囲からは独立した存在。


そんな彼女は、
2年前の武道館で、
「1位になりたい」と宣言して、

今回、それを有言実行し、
自らの力でセンターを
勝ち取ったように見えます。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


わかりやすく結果論としては
血液型なのですが、

このように経緯を深堀っていくと、

背後にある程度のメカニズム
があることがわかります。


はじめに何らかの
枠組みがあって、

まず立場や期待
に応えようと頑張る
A型がいて、

負けず嫌い
B型がそれに
追いつき追い越し、

O型がそこに
ヒットを構造的に送り出す
プラットフォームをつくる。


O型が覇権を握り、
次々とヒットが生まれる
構造がつくられると、

やがては
その構造の全く外にある
ユニーク
AB型が出現して、

全く新しい枠組みが
つくられるのです。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


同じプラットフォームから
生まれてくる
ヒットコンテンツには、

いつか限界がきます。


ひとつひとつの
コンテンツの力が、

プラットフォームの力を
超えてしまう、
ということも起こります。


例えば、
「ワンピース」の単行本の
発行部数が、

「週刊少年ジャンプ」の
発行部数を上回るように。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


そのときには、突然、
彗星のように現れる
AB型的天才が、

プラットフォーム関係なく、
ヒットを生むのだと思います。

例えば「進撃の巨人」が
「週刊少年ジャンプ」
からではなく、

「別冊少年マガジン」
から出てきたように。

注:諫山先生の血液型は不明です


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


今回の例でいうと、

指原さんは、
HKTという強力な
プラットフォームをつくり、

11位の宮脇さんをはじめ
多くの人気メンバーを
HKTから一気に輩出しました。


でも一方で、
HKTに指原さん以外にも
人気メンバーが数多く
生まれたことで、

一年前だったら、
ランクインをあきらめて指原さんに
投票したHKTファンの票が、

今回は個別のメンバーに
流れた
という面が
少なからずあったのでは
ないかと思います。
 

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.
 

ところで、
そうした理由で負けたのなら、

指原さんとしては
「本望だ」と感じるところも
あるかもしれません。

(もちろん個人としては
悔しいとは思いますが)


1年前の総選挙で、
HKTの入賞は6名でしたが、

今年は13名と倍増。
※兼任除く。

指原さんのつくった
HKTというプラットフォーム

いまなお健在というか、
絶好調です。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


いずれにしても、

渡辺さんは、
次の時代の到来を告げる
使者には違いありません。

大島さんのつくった
「二項対立」の時代でも、

指原さんのつくった
「プラットフォーム」の時代
でもない、

渡辺さんの、時代。


天才が生まれ持った
才能を輝かせる、
「運命」の時代、

あるいは逆に、
誰もが先に
己の決意を公言して、

帳尻を後から合わせる
「覚悟」の時代、

個人的には、
そんな風に捉えていますが、


それが正しいかどうか?


―それがわかるのは
もう少し、後になるのでしょう。


これからの渡辺さんの活躍が
楽しみです。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

※たくさんの「いいね」
有難うございます!

ツイ垢お持ちの方は是非
こちらもお願いいたします
m(_ _)m

↓↓ ↓↓ ↓↓



↑↑ ↑↑ ↑↑




【順位予想】AKB48 37thシングル 選抜総選挙

AKBさんの選挙は、
デート宝くじと一緒で、
結果が出るまでが楽しい。 

ということで順位予想。

(誰得?な投稿でゴメンナサイ)


※敬称略

1. 指原莉乃/O型
2. 渡辺麻友/AB型
3. 柏木由紀/B型
4. 松井珠理奈/B型
5. 松井玲奈/O型
6. 島崎遥香/A型
7. 横山由依/B型
8. 山本彩/B型
9.高橋みなみ/AB型
10.小嶋陽菜/O型
11.須田亜香里/A型
12.宮澤佐江/O型
13.川栄李奈/O型
14.宮脇咲良/A型
15.渡辺美優紀/B型
16.木崎ゆりあ /O型


※当ブログに掲載している順位予想は、著者の個人的な欲求の充足を目的としたものであり、選抜総選挙の順位についていかなる表明・保証を行うものではありません。
また、当ブログへの情報の掲載は、投票の勧誘を目的にしたものではありません。実際に投票を行う際は、当ブログの情報に全面的に依拠して投票判断を下すことはお控えいただき、投票に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行うようお願いいたします。
※当ブログの読者が、当ブログに依拠し、または当ブログ情報を信頼して行った行動等により被った、いかなる生命、身体、 財産上の損失又は損害についても責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

順番はともかく、
メンバーは合っている
気がするのですが・・・

・・・どうでしょう?


生駒さん迷いましたが、
あえての木崎さんに。
 



【速報発表】AKB48 37thシングル 選抜総選挙

先ほど、速報が発表されましたね。












速報ランクインメンバー、

注目は・・・?









おまけ




 
5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ