イケガミコフ『21世紀の生存戦略』

新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ。なるべく毎日更新。読者の皆さんと一緒に21世紀を生き抜く力をつけていくのが目的です。左脳的切り口で右脳的題材でも取扱うことを特徴として、世の中の出来事から、その裏にある時代性を読み解いていければと思います。その上で、時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践したい。なかでも、個人が個性を発揮して生きることをメインテーマに据えたいと考えています。

SKE48

SKE48裏教本に見る組織のライフサイクル


この本は
BUBKAさんでの連載がまとめられ、
加筆構成されたものです。

私はBUBKAさんの
紡ぐストーリーが大好きです。

同じものを見ていても、
それを見る人・語る人の
視座・切り口によって、

物語は全く異なるものになります。

三国志に
横山光輝三国志があるように、
私はBUBKAさんの紡ぐSKEの話が
大好きです。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

せっかくなので
BUBKAさんの素晴らしいところを
3点ほど挙げておきます。

まず、徹底したファン目線

今回のインタビューも、
メンバーでなく殆どファンに
インタビューしています(笑)

「裏」ヒストリーの「裏」とは
きっと、
ファンのことなんだと思います。


次に、雄々しいワーディング

プロレスファンでもあるからか、
BUBKAさんのチョイスする言葉は、

少しでもいい明日を迎えようと
全力で今をもがき戦おうとしている
人間の琴線に触れます。

今回の本の中でいうと、例えば
「革命を叫ぶ勇気」とか
「開戦の狼煙」
とか書いてあるのですが、

アイドルについての本とは
思えませんよね(笑)


最後に愛。

愛といっても、
色々あると思うのですが、
BUBKAさんの愛は、
使命感にも近いですね。

どちらかというと父性。

この素晴らしさを、
もっとみんなに知ってもらいたい
という使命感が伝わってきます。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

さて、この本を読むと、
ファンの視点から

SKEというチームの歴史を
知ることができます。

読み終わった私は、

なんとなく
改めて
組織のライフサイクル
について考えました。

どんな組織も、

厳しい競争にさらされて
それでもなお成長を成し遂げると
その先には成熟して
落ち着く時が訪れます。

蛇足ですが、日本という国も
いまあるいはそういう局面
なのかもしれません。

この本とともに
SKEの歴史を振り返ると、

SKEもまた、
波瀾万丈の青春時代を経て
「大人になった」のだなーと
改めて感じました。

誕生直後、組織として
「幼児期」の最初は、
ルールがありません。

前例を打ち破って
AKB本体のセンターに
指名された松井珠理奈さんが、

アンチの批判にさらされながら、
それでも結果で示すしか無いと、

「プロセスを批判されても
結果で認められる」
そんな時代が幼少期です。

血液型でいうと
B型のイメージです。

※B型が幼児だと言っているのではありません。
※松井珠理奈さんはB型です。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

その後にやってくるのは、
青春時代です。

自分という存在が
社会とぶつかる中で

自分の中で
変わるべき部分と
変わるべきでない部分が
仕分けられて、

本当の自分ができあがる
時期だと思います。

SKEという組織の場合、
総選挙や兼任といった、
AKB本体のシステムとの出会いや
時に摩擦を経験する中で、

SKEというチームの
存在意義を固めていった
ということだと思います。

珠理奈さん爆誕の後、
民意を背に台頭したのが
松井玲奈さん、

東京仕事が多いW松井の
おふたりに代わって
SKEの中心となることを
期待されたのが
木﨑ゆりあさんです。

社会性ということで
血液型でいうと
O型のイメージです。

※松井玲奈さんも木崎ゆりあさんもO型です。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

青春時代が終わると、
勿論、大人になるわけです。

自分が何者かということは
習慣化され、言語化され、
ルール化されます。

このルールというのが曲者で、
組織に飛躍的な生産性向上と
継続性・持続性を
もたらしてくれる反面、

自分を
かたどってつくったはずの
ルールが、
いつのまにか
自分を支配している
気がしてしまいます。

まるで
心身の優先順位を問う
哲学の命題や

神と法の優先順位を問う
宗教の命題のようです。

システムというのは強力で
昭和天皇という
優れたリーダーを持ってしても
戦前日本が・・・

話が飛躍しました。

いずれにしても、
SKEも例外なく、
青春時代を経て
揺るぎない自我を獲得し、

一種のシステムとして
安定運用される成熟期を
迎えたわけです。

ここには
総選挙と握手会が生み出した
モン・・いや、
スターがいます。

努力の神様、
須田亜香里さんです。

※須田亜香里さんはA型です。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

この先のことは想像に難くない
と思いますし、

みなまで言うのは野暮なので
このくらいにしておきます。

ちなみに、AKB総選挙のほうでは、
初代センターの
前田敦子さんはA型、

次の大島優子さんはB型、
指原さんはO型、
昨年の渡辺麻友さんはAB型です。

こちらはこちらで、今年が楽しみです。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

さて、こちらの本の
もうひとつ素晴らしいところは、

木﨑ゆりあさんの
1万字インタビューが
ついているところです。

最後にこのパートの感想を述べて
久々のアイドルブログ更新を
終えたいと思います。

言いたいことはたくさんありますが、
とにかくひとつだけ。

まず最初に、
AKBというシステムは
もともと13歳?くらいだった
木﨑さんを

あっという間に
「大人」にしたんだなー
ということです。

私には世の中にこんなマチュアな
19歳がいるとは思えません。

インタビュー中、木﨑さんは、
いま、「第二章」を生きている
と言います。

私の整理では、
先ほどのライフサイクルの中で
O型期から、A型期へ
移ったところだと思います。

個人的には、この後の
AB型期も大変楽しみです。

コードギアス反逆のルルーシュ
というアニメがありますが、

(相変わらずめちゃくちゃな
喩え話ですみません)

このアニメは主人公がふたりいて、

成熟した巨大国家ブリタニアに
たち向かうのですが、

その一人、ルルーシュは
外圧による変革を志します。

もう一方のスザクは、
組織の中から内破することを
志します。

私自身は外からしか
変えられない人間なので、

スザクが羨ましいですし、
尊敬します。

そういう意味でも
木﨑さんの第三章を、
勝手に楽しみにしています

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

余談ですが、
今回のインタビューを読んで
木﨑さんの大人力も、

比較的「使命感」に基づく
部分が大きい気がして、

だからこそBUBKAさんと共振し、
私も心打たれるのだな
と思いました。

そんな父性?溢れる木﨑さんの
まずは第二章、A型期を、

生涯B型の私も陰ながら
応援申し上げたいと思います。


BUBKA編集部・編
白夜書房
2015-05-01



↓↓↓よろしければ、是非押してください!m(__)m↓↓↓

Share (facebook) tweet Share(LINE)

↑↑↑よろしければ、是非押してください!m(__)m↑↑↑ 


『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』を観て

いや、もちろん、

ブログ更新している
場合じゃないんですけど、 

でも、ちょっとでも
今日中に書いておかないと、

今の気持ちが
記録できないことが
不安でたまらないので、
書きます。

もう既に、観た後で
色々楽しいこともあったりで

観た直後とは違う精神状態
のような気もするのですが、

それでも寝る前に。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

観に行ったんです。


 



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

6年間を2時間にまとめるのも
大変だったことと思いますが、

それ以上に6年という月日は
様々なファン歴の人をつくり、

それぞれに前提となる知識が
違うわけですから、

誰が観ても面白いものにするのが
大変なはずです。

でも、この作品、
多分誰が観ても感動するし、
新規の人が観ても面白い!
・・・と思います。

個人的には珠理奈さん
大声からのじゃんけん優勝
エピソードとか、

SSA木﨑さんエピソードとか、

いくつか欲しいものがあったけど

とにかく、6年を2時間にした
というところに感謝と敬意を表して、

その辺りは割り切りたいと
思います。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

戦後七十年。

今の世の中、特に日本で
生きること、暮らすことは

「終わらない日常」
を生きること、暮らすことと
言われていました。

でも、私たちは少しずつ
気づいてきました。

世の中が便利になりすぎて
情報やモノが
溢れすぎたあまりに、

ある日突然、
予想だにしないことが
起こることがあって、

それが時に私達の
「終わらない日常」すら
脅かすことがあるということを。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

そんなふうな、

事実が想像を遥か超える
時代における、

ドキュメンタリー(+演出)
の役割の大きさを、
とにかく思い知りました。

もはや
ドキュメンタリーというよりも、
ファンタジーなのかもしれません。

私たちにとって、最も身近で、
最も縁遠い、
リアルなファンタジー。 

うまく言えませんが、
そんな印象を持ちました。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

状況は誰もが経験する状況
なんだけれど、

そのスケールが程よく大きくて、
そこで起きることは、奇跡的。

詳しいことはきりがなくなるので
書きませんが、
例えば、

入ったばっかりの新人が、
突然、先輩を飛び越えて
起用されちゃったりとか、

世代交代のために、
あえて次世代が
抜擢されたりとか、

倒れるまで練習したりとか、
仲間のために声をかけたりとか、

泥臭い、現代版の
シンデレラストーリー
と言ってもいいかもしれません。

あるいは、実写&女子版
少年漫画とも。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.
 
あらためて、
SKEはコンテキスト豊富な
グループだと思いました。

AKB同様に

頂点を目指す仁義なき戦い
それを背負う者の重圧・覚悟
抜擢による先輩・後輩の軋轢

などのドラマがあることは
もちろんのこと、

・先発グループとの差別化の難しさ
・追いついた後の目標の喪失感
・さらなる妹分グループへのファン流出
など、

後発グループならではの
要素もあります。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

また、
目的と手段のバランスも
AKBとは異なっています。

最初のグループである
AKBの場合、

活動内容は
決まってなかったけれど、

メンバーの関係は、

東京ドームや紅白といった
共通の目標で結ばれていました。

SKEのほうが、
相対的には、同床異夢。

でも、だからこそ、リアル。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.
 
隣でひとり観に来ていた
中学生?の女の子なんかは、

「このオッサンたち、
なんで泣いてるんだろう?」

なんて思ってたと
思うんですけど、

このリアリティーと
ファンタジーの匙加減が、ね。

大舞台前の緊張。
リーダーの責任。
センターの重圧。
組織の都合。
出会いと別れ。
世代交代。
自己否定。

・・・どれもがみんな、
見に覚えがあって、

そこでファンタジーが
観たいんだと思います。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

それは
例えば街で不良に絡まれたとき、
何とか逃げおおせた後で

「こんなふうに
やっつけてやれば良かった」

と思うことにも
似ているのかもしれなくて、

見ているひとりひとりの
記憶の上から重ねてくる
エンターテインメント。

面白い。
みんな見るべき。

やっぱり
ある程度はSKEを知らないと
楽しめないかも・・・
とも思いますが、

あんまり知らない人が見たら
どの程度楽しめるのか?
聞いてみたいです。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

以下、蛇足。

卒業した菅さんが、

「将来、起業するために
ハードな受験勉強をして
大学進学を選んだ」

と言っていましたが、

SKEほどのアイドルグループを
背負える人は、

少なくとも国語数学理科社会
ができる人よりも、

起業家としても
成功すると思います。


↓↓↓よろしければ、是非押してください!m(__)m↓↓↓

Share (facebook) tweet Share(LINE)

↑↑↑よろしければ、是非押してください!m(__)m↑↑↑


【速報】元SKE48平松可奈子さん「公演前にズボンを脱がされるという、ドSなイジメを受けていた」ことを告白!

今日はDeNAの新サービス、
showroomに、

「我が軍」の 
もきゅ松さんとハルカオノさんが
登場しましたね!

今日は残念ながら
悪天候で国立での優子さんの
卒業セレモニーが中止
となってしまったため、
ガックリしていたのですが、

この番組があって、
かなり心が救われました!

同じような思いで
ご覧になっていた方、
多いのではないでしょうか。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

さてさて、
ご覧になった方は
思ったと思いますが、

今回のこの番組、
裏話満載の神回でした!

あまりの神回だったので、
興奮のあまり、

番組内で起きたことを
いますぐここで、

皆様にもお伝えしたい
と思います!

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

それではーーーっ、

私、
目黒さめのすけの
完全「主観」による、

今日のみどころ
トップ5!

<第5位>
平松さん、
タラちゃんのモノマネを披露。

鉄板ネタのようですが、
かなりのハイクオリティ!

なお、
「中二病でも恋がしたい」の
でこもりさんのモノマネ

に対して
視聴者の方の反応は、

「多分うまい」でしたw


<第4位>
(元SKE48の)
桑原さんが暴走した時の
を静めたいときの切り札が
小野さん

だったことが明らかに。

一期生の中でも頼りになる
存在だったことが伺える、
元SKE生ならではのエピソードです。


<第3位>
ふたりでカラオケを披露!

平松さん、途中に
浜崎あゆみさんの
モノマネを入れるなど、
持ちネタ満載!

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

つづいて・・・

第2位!!

平松さん、

「いつも、
公演の5分前とかに、

(出口)あきちゃんと、
はーちゃん(小野さん)に
押さえつけられて、

ズボンを脱がされるという、
ドSなイジメを受けていた」

ことを告白。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

なお平松さん、
(小野さんをひとことで言うと?)

「ドS」
と即答していました。

ただし、平松さん、
お二人のことは
「大好き」だそうです(*´ェ`*)

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

そして・・・

第1位!!!

平松さん、

「梅干をおヘソに入れて
SKE48のオーディション
を受けていた」

ことを告白。

おばあちゃまの
「キャサリン」さんが、
ゲン担ぎで

梅干しとガーゼと絆創膏を
準備してくれていたから、
やらざるをえなかった、

のだとか。

「でも、そのおかげで受かった」
という平松さんに、

「審査で言ったの?」
と小野さんが突っ込むと、

ちょっと染みてたから」

これには爆笑しましたww

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

このほかにも、

小野さんが
「一目惚れするタイプ」
であることを明かしたり

平松さんが
「束縛して欲しい」と
明らかにするなど、

恋愛トークも満載でした。


あんまり言うと「ステマだ」
と言われそうですが、

そういうの関係なく、
個人的に面白いです!

次回が完全に
楽 し み(ΦωΦ)!


「たった今」から始まる未来

私事ですが、

本日私の弟が
両家顔合わせというやつらしく、

桜蔭生との結婚を執拗に勧める
兄のブログが問題にならないかと
心配でなりませんでしたが、

何とか隠し通せたようで

皆さまには多大なご心配を
おかけいたしました。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

さて、
そんなどうでもいいことは
さておきまして、

3月19日に発売となります
SKE48、14枚目の
ニューシングル、

「未来とは?」

の歌詞が最高ですので
ご報告いたします。

SKE48 – 未来とは? | JP 歌詞 フル Lyrics | 新曲歌詞無料検索

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

拙稿、

本当に欧米型のリーダーやシステムは必要か?

でも少し述べましたが、

構造が複雑で、
変化のスピードが非常にはやい
現代においては、

中長期的な見通しを立てた上で、

予め大量の資本を投下して
計画的に投資回収を行うことが、

難しい世の中になっています。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

そうした世の中におきまして、

まさに未来とは」何かを考える
ヒントになるのがこの楽曲です!

この楽曲では、
今を一生懸命に生きる
SKEのメンバーたちが

「今の子供たちは
未来に希望が持てなくて
かわいそうだ」

と哀れむ大人たちに
疑問を投げかけます。

※個人の感想です。
※以下についても同様です。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

未来に希望がない?
何を言ってるんだ。

1秒後だって、もう
立派な「未来」なんだ!

1秒後だったら、

走り出しても、
話し出しても、
歌いだしても、

何をしても、いい。

つまり、

「未来」は
どうにでもできるんだ!と。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

未来とは、
10年後だと思うと、

不思議と自分に向かって
「やってくる」もの
のように思えます。

「10年後、子供が無事、
就職できてますように」

とか、

「10年後、
結婚できてますように」

とか。

でも、10分後だと思うと、
どうでしょう?

途端に、自分から
「向かっていく」もの
のように思えませんか。

「10分後、
トイレに行けますように」

などとは普通考えませんよね。

一気に自分ゴトになるはずです!


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

昔と違って、
5年後、10年後の
見通しを立てることは

確かに難しくなりました。


でも予測がつかない
「先のこと」を考えるなんて

いっそ、スッパリ
あきらめてみたら、
どうでしょう。


考え方を変えれば、

「未来」はもっと「近い」もの
になっていて、

以前よりも私たちが
積極的に関われるもの
なっています。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

このように、

今回のSKEの新曲が、

「現在」という時間区分をプランク定数以下の微小片だと見なすことにより、未来の可能性を無限大に発散させる、量子力学的な新しい時間の概念を提案するもの

・・・・・・かどうかは
わかりませんが、

今までのことは
「すべては過去」で、

1秒先から「未来」だとすると、
 
何だかじっとしていられない
気分になるから不思議です。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

あの日、栄の劇場で、
チームSの面々は、

東京へ行くことを決めた
木崎さんをセンターに戴き、

卒業発表をした出口さんの
過去を背負い込んで、

残された向田さんとの時間を
かみ締めながら

高々と伸びやかに拳を突き上げて
この新曲を歌いあげていました。

彼女たちの力強い眼差しは、

まっすぐ確かに、
未来を向いていました。


 

 

SKEにアキノミクス第一の矢?が突き刺さり、大パニックの大組閣

リア充向けの説明は終わりました。

後はマニアックなことも含めて
好き放題に叫ばせていただきます。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

今回の大組閣は
ファンの皆さんの予想を
超えるものだったに
違いありません。

インターネット掲示板などからは
悲痛な叫びが聞こえておりますが、

特に、中軸の多くを失った
SKE48陣営は

もはや阿鼻叫喚といった様子で、
大パニックに陥っています。

昨年年初の大量卒業時の
地獄絵図がよみがえるようです。

「もう、これを機に
ファンを辞めてやる!」

といった声も多く、

とにかく否定的
コメントが目立ちます。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

今回の「大組閣」、

これは世紀の大失策
だったのでしょうか?


特にSKEについては、

シングルが2作連続前作割れ
したことに対する


懲罰人事なのでしょうか?


SKEびいき
当ブログならではの見解を

このタイミングで早々に
出しておこうと思います。

まずこちらのグラフ。

何のグラフでしょう?

2bff81a4.png


わかりますか?

そうです、

そうです、

アメリカ、日本、中国のGDP推移
です。 ※ソース


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

続きまして、

こちらはどうでしょう?

dd202e72.png


先ほどのグラフと、

ほとんど?
一緒の形をしています!



ですが、

 
ですがこれは、

googleトレンドで調べた

AKB、SKE、そして乃木坂の
検索トレンド数
です。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.
 
これが言いたいことの
ほぼ全てです。


SKE48は日本です。


アメリカに追いつけず、

成長が止まって
もがき苦しむ間に

中国に追い抜かれた、
日本のようです。


SKE48は日本です。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

なお、
先ほどのグラフは

ちょっと変なところで
切ってますが、

年数を入れてAKBを除くと
こんな感じです。


4d13fcda.png
Google トレンド



こうしてみると、
SKE改革は、待ったなし。

ともすると、
遅すぎたかもしれません。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

人事異動は
カンフル剤にはなるでしょう。

電子レンジのように
中の分子を振動させて

元ほどの高温ではなくても、

温度を一時的に高める
ことはできるでしょう。

でもそれは、

アベノミクスにおける
金融緩和と一緒で、

所詮はカンフル剤
に過ぎません。


問題は、その後の
成長戦略

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

あまりの閉塞感に
我慢出来ず、

政権交代をさせて
お灸を据えるのは、
大いに結構。

でも、それで
お腹いっぱいになることは、

実は一番危険です。


政策もアイドルも中身が肝心。

肉を切らせて骨を絶つ。

長期的な視野にたった
改革の断行。

たとえ一度しゃがんでも

持続的に拡大再生産する
仕組みや生態系づくりを。


頑張ろう、SKE。


頑張ろう、日本。

5月17日にビジネス書発売!
自己紹介
ユーゴスラビア生まれ。理工学部を卒業後、A.T.カーニーに入社。様々な業界のコンサルティングを手がけた後、エブリスタ立上げに携わり、同社代表取締役社長に就任。15年3月末に退任し、現在はメディア企業のデジタル戦略コンサルを手がける。グロービス経営大学院「ネットビジネス戦略」講師。
このブログについて
▼新卒外資コンサルからIT企業社長となった著者が、自身の備忘も兼ねて日々の心境を綴るブログ▼なるべく毎日更新▼読者の皆さんとご一緒に、私自身も「21世紀を生き抜く力を」つけていくのが目的です▼「左脳的切り口で右脳的題材も取扱う」ことを特徴に、世の中の出来事からその裏にある「時代性」を読み解いていければと思います▼その上で時代性に合う生き方、新しい生きる力を提案し、自らも実践していきます▼なかでも「個人が個性を発揮して生きる」ことを中心テーマに据えたいと考えています。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ